東京の夫婦

そうだ、京都、行こう。[第十四回]

「大人計画」を主宰し、作家、俳優として活躍する松尾スズキさん。2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾氏がその結婚生活を綴ったエッセイ「東京の夫婦」の連載がスタート。第十四回は松尾さんが京都に移住!? という存在について。イラストは近藤ようこさんです。


 東京の夫婦の一員なのに京都に滞在している。
 四条烏丸という祇園や先斗町に近い繁華街で、かといって、町屋など渋い建物も立ち並び、なかなかに情緒のある町だ。

 とはいえ遊んでいるわけではなく、時代劇に出演しているための京都である。NHKの木曜時代劇枠でタイトルは『ちかえもん』。

『ちりとてちん』などで名の知れた藤本有紀さんのシナリオで、僕は50歳の頃の近松門左衛門の役をやる。言わずと知れた元禄時代の人形浄瑠璃の大家だ。おそれ多い大役だが、普段画面やスクリーンにパッと出てさっさとふざけて帰る、みたいな役ばっかりやっている自称「アップリケ俳優」の僕としては(もちろん好きでやってるのだが)、ドラマの主役(『るろうに剣心』の青木崇高くんとダブル主役だ)など人生においてそうそうやれるチャンスもないので、それこそ清水の舞台から飛び降りる覚悟でひきうけた。感覚としては、今、飛び降りて5メートルあたりの空中の気分だ。

 妻M子は、もう50歳を過ぎ「松尾スズキ」としてまあまあ仕上がった状態の僕としか過ごした経験がないので、
「松尾さんがこの歳になってまだ新しいことに挑む姿を見られるチャンスがあるとは思ってなかった」

 と、しみじみしている。
 それくらい、ドキドキしながら撮影に入り、もう、10日ほどたつが、いまだにドキドキしたままである。

 町にもホテルにも撮影所にも居慣れない。
 なにしろ初めてのことづくしだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

松尾スズキが綴る、東京の夫婦の軌跡

東京の夫婦

松尾スズキ
マガジンハウス
2017-08-10

この連載について

初回を読む
東京の夫婦

松尾スズキ

東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳の箱入り娘。 ときどきシビアで、ときどきファンタジーで。 2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾スズキさんがその結婚...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

crescentmania いちいちかわいいな松尾スズキさんは https://t.co/mRXY7w1UTO 2年以上前 replyretweetfavorite

akyska ”僕は、撮影がハードになると、つい台本をなくしたり、財布を忘れたり、迷子になったり、便秘になったり、3食ラーメンになったり、持病の薬を飲み忘れたりする癖がある” 2年以上前 replyretweetfavorite