神田松之丞“絶滅危惧職”講談師を生きる!

第三回 Fランク前座と異例の二人会

ここ数年、演芸ファンの注目を集め続けている男がいる。
神田松之丞、1983年生まれの33歳。90年代以降、東京の講談界では入門者の多くが女性であり、日本講談協会にも、もう一つの講談団体である講談協会にも、彼以降に入門して現在まで現役でいる男性講談師は二人しかいない。一時期の松之丞は「東京で唯一の二十代男性講談師」だった。


撮影・青木登(新潮社写真部)

 高座に上がる回数こそ増えたものの、前座としては鬱屈の日々が続く。

「当時の人に聞くと、ファッションもまず黒しか着てないですし、暗いし、ぴりぴりしててとにかく近寄りがたい。しかも、気が利かない。さらに寄席前座の一年目は開口一番やったら重くする(笑)。最悪のFランク前座ですよね」

 開口一番とは寄席の開演と同時に高座に上がる役割だ。緊張の解けていないお客の心をほぐし、空気を暖めることが求められ、巧さは要求されない。最初の一年の寄席の高座はもがきにもがいたと言う。現代の落語の定席において講談は異物なので、開口一番に求められるような空気を暖める機能を欠いていた。しかし松之丞は客に媚びるのを拒むように自分のやりたい演出、掛けたいネタ、に固執し続けた。そうやって寄席での技巧を磨いていったのだ。楽屋で働いているときも、可愛がってください、というオーラをまったく発しない前座である。講談にはなくて落語の寄席にある仕事の一つに、お囃子の太鼓がある。それも苦手の一つだった。

「前座の四年というのは、太鼓叩けるやつが世の中で一番偉いみたいな時代なわけです。そういうのに反発もありましたね。月に一回太鼓の稽古会というのがあるんですけど、そこで前座は順番に叩かされるんです。みんなの前で出来る、出来ないがはっきりする。それも学生みたいで本当嫌でした。僕もちょっとは叩く努力をしたんですけど、やってみて出来ないとわかった。だって、音が外れているかどうかもよくわかんないんですよ。カラオケで自分が下手かどうかを認識できないのと同じで、致命的じゃないですか。これはもうやんなくていいや、と思いました(笑)。結局、太鼓は極められぬまま終わりましたよね。芸協は結構そういうとこは懐が深くて、一生懸命稽古しても叩けないやつはしょうがないよねっていう空気があったんです。まあ、僕は稽古すらしていないんですけどね(笑)」 

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

vol.45はコミック新連載「愛と呪い」(ふみふみこ)ほか。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.45(2017年8月号)[雑誌]

最果タヒ,ふみふみこ,青柳碧人,柏井壽,神田松之丞,岡崎琢磨,須賀しのぶ,吉川トリコ,朱野帰子,蒼月海里,三川みり,千早茜,尾崎世界観,三上延,東川篤哉,中山七里,乾緑郎,早坂吝,益田ミリ,成田名璃子,吉野万理子,梶尾真治,藤井太洋,カレー沢薫,杉江松恋,新井久幸
新潮社
2017-07-21

この連載について

初回を読む
神田松之丞“絶滅危惧職”講談師を生きる!

神田松之丞 /新潮社yom yom編集部 /杉江松恋

ここ数年、演芸ファンの注目を集め続けている男がいる。 神田松之丞、1983年生まれの33歳。90年代以降、東京の講談界では入門者の多くが女性であり、日本講談協会にも、もう一つの講談団体である講談協会にも、彼以降に入門して現在まで現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

from41tohomania yomyom連載の神田松之丞さんインタビューがcakesに天才されました。期間内は無料で読めます→「 約3年前 replyretweetfavorite