東京の夫婦

ハワイで悪いか? [第十回]

「大人計画」を主宰し、作家、俳優として活躍する松尾スズキさん。2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾氏がその結婚生活を綴ったエッセイ「東京の夫婦」の連載がスタート。第十回は「新婚旅行」について。イラストは近藤ようこさんです。


 再婚するに際し、やらなければと思っていたのは、前の結婚のときやって来なかった、当たり前の夫婦がするようなことを当たり前にやってみる、ということだ。

 なにしろ、日ごろの僕の仕事はとてつもなく当たり前じゃない。つい先日まで、舞台で美輪明宏の物まねで赤井英和の歌を歌っていたかと思えば、鹿児島の桜島で噴火のリポートをし、戯曲賞の審査員をやったと思えば、ダンスを踊ったり似顔絵を描いたり俳句を詠んだり、しっちゃかめっちゃかである。前の結婚では、そのしっちゃかめっちゃかを生活にまで持ち込んでいたので、結婚そのものがしっちゃかめっちゃかになってしまった。元妻が、事後承諾で次々にタトゥーを入れ始めたとき、ああ、とてもしっちゃかめっちゃかだ、としみじみ思ったものだった。

 なので、この度は、前はやらなかった結婚記念日を祝うというのもやってみた。サプライズでバラの花を100本ばかり花屋で買ったりした。花屋さんは「こんなものいきなりもらったら奥さん、泣いて喜びますよ」と言ってくれて、まさかそんなと思ったが、家に戻り、妻に差し出すと、ほんとに泣いて喜んでくれた。

 記念日の花束にはそれほどの効果があるのか! 50歳過ぎてそんなことに気づく。
 見くびっていたなあ、花束。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

松尾スズキが綴る、東京の夫婦の軌跡

東京の夫婦

松尾スズキ
マガジンハウス
2017-08-10

この連載について

初回を読む
東京の夫婦

松尾スズキ

東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳の箱入り娘。 ときどきシビアで、ときどきファンタジーで。 2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾スズキさんがその結婚...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

eshi_ko 連載の一部が公開されていますhttps://t.co/IrpAe0Ct1Q 約3年前 replyretweetfavorite

yum8686 松尾スズキさんの文章にほっこり。読んでたらふと、10年前の新人時代のこと。職場の新婚の先輩方がハネムーンに行くのを見て「結婚式は興味ないけど新婚旅行は行きたいなぁ」と感じたその謎の願望がいまだ変わってないことに気づいた😅https://t.co/XyOUbtpWNY 約3年前 replyretweetfavorite

75kmd_nk 「愛されることに、臆病になってはいかんと、今の僕は、思っているわけです。」というところにグッときました。 https://t.co/QUTUMe8SFA 約3年前 replyretweetfavorite

oiranonoriko 愛されることに、臆病になってはいかん、のだな。 |東京の夫婦|松尾スズキ|cakes(ケイクス) https://t.co/vbioS4N6bF 約3年前 replyretweetfavorite