東京の夫婦

お母さん、上品な顔してたね。[第八回]

「大人計画」を主宰し、作家、俳優として活躍する松尾スズキさん。2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾氏がその結婚生活を綴ったエッセイ「東京の夫婦」の連載がスタート。第八回は実母と妻を会わせた日のことについて。イラストは近藤ようこさんです。


 M子の茨城の両親に会うというミッションはすでに幾度か経験し、もはや緊張もさほどしなくなったし、福岡に住む姉家族にも、畏れ多くも代官山でやった結婚披露宴のときM子を紹介ずみだ。前回の結婚より、その辺の大人っぽいことはだいぶちゃんとやっている。

 しかし、僕には最後のミッションが残っていた。
 M子に母親と会ってもらうことだ。

 僕の母は、10年以上前から重い認知症を患っている。症状は、年々進行し、風呂を焚きっぱなしにしたり、腐ったものを料理したりして危険すぎて、近くに住んでいた姉にも面倒を見きれなくなり、数年ほど前から福岡県の直方市にあるグループホームに入所していた。それは多分、母が死ぬまでのことになるので、借地だった自宅は取り壊した。つまり僕には帰る田舎がもうないのだ。

 入所してほどなく、近くの旅館のレストランに姉の車で連れて来てもらって母に会ったとき、「ああ。重症だな」とすぐに理解した。

 「食べなさい」
 と言って、いきなり僕に灰皿を差し出して来たからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

松尾スズキが綴る、東京の夫婦の軌跡

東京の夫婦

松尾スズキ
マガジンハウス
2017-08-10

この連載について

初回を読む
東京の夫婦

松尾スズキ

東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳の箱入り娘。 ときどきシビアで、ときどきファンタジーで。 2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾スズキさんがその結婚...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

akyska 電車で読むもんじゃあない。目から汗出てくる。 約3年前 replyretweetfavorite

oiranonoriko https://t.co/z87I3DaxLI 約3年前 replyretweetfavorite

matsuosuzuki https://t.co/nLAco79fTd 約3年前 replyretweetfavorite