東京の夫婦

妻は僕より友達が増えていた。[第四回]

「大人計画」を主宰し、作家、俳優として活躍する松尾スズキさん。2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾氏がその結婚生活を綴ったエッセイ「東京の夫婦」の連載がスタート。第四回は夫が不在時の妻の寂しさについて。イラストは近藤ようこさんです。


 私の妻M子は「寂しい寂しい」、と言っていたのである。
 まあ、それはそうだと思う。入籍した5日後には、僕は、映画監督の仕事で福島に1か月も行きっぱなしになってしまったのだ。彼女は、茨城の箱入り娘で、東京に住んだことがない。だから、東京にほとんど友達がいない。専業主婦なので、やることもあまりない。

 なので、撮影休日は、決まって僕が泊まっている福島は奥会津、の宿まで、愛車ボルボを3時間半ブッ飛ばして来るのだった。
 とにかくM子はどこにでも車をブッ飛ばして来る。

 結婚したとき、「相手は普通免許を持った一般の人です」とTwitterで発表して「なんだそれ?」と物議をかもしてしまったが、茨城から毎度車をブッ飛ばして東京に来る彼女が、免許のない僕にしたら、車庫入れする姿なんかも含め、なかなかかっこよく、ついなんとなくそう書いただけのことだ。

 柳津に来るうち、M子は宿の女将たちやスタッフとあれよあれよ仲良くなった。M子は僕の周りのたいがいの人に気に入られるという特技を持っている。人と仲良くなるのに非常に時間のかかる自分には、それもうらやましい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

松尾スズキが綴る、東京の夫婦の軌跡

東京の夫婦

松尾スズキ
マガジンハウス
2017-08-10

この連載について

初回を読む
東京の夫婦

松尾スズキ

東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳の箱入り娘。 ときどきシビアで、ときどきファンタジーで。 2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾スズキさんがその結婚...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

akyska ”結婚したとき、「相手は普通免許を持った一般の人です」とTwitterで発表して「なんだそれ?」と物議をかもしてしまった” 22日前 replyretweetfavorite