哲学とは、あっちゃんや優子ちゃんが卒業した後のAKBじゃよ。

そもそも哲学って何? ゾンビ先生はこの疑問にアイドルグループAKB48を例えにして答えます。曰く、「哲学は、科学や数学ほど役に立たない」という考えは大間違いだそうです。書籍『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』より特別連載。

北尋坊で自殺しようとしていると勘違いされ、ゾンビ先生に救われた青年ひろは、流されるまま「哲学」を学ぶことに。いよいよ、ゾンビ先生の哲学授業のはじまりはじまり。


 「哲学は、科学や数学ほど役に立たない」は間違い


 東京シティに戻ったひろが、ゾンビ先生から第一回目の授業の場として指定されたのは、渋谷区下北沢にあるファストフード店・ファーストキッチンの店内であった。

「ひろ〜! こっちじゃ!」

 先日全焼したはずのおかっぱカツラを装着し再増毛を遂げたゾンビ先生が、テーブル席から手を振っている。

「ゾンビ先生! こんにちは! 新しいカツラつけたんですね〜〜すごく似合ってないです。そういえば後頭部の粉砕の件はどうなりました?」

「その件は解決じゃ。割れた骨は取り除いて、セラミック製の人工骨に入れ替えたから。皮膚も張り直したが、今後に便利なようにファスナー式にしてもらったんじゃよ。ほら」

 言うとゾンビ先生はカツラを外してつるっぱげになり、耳上に据えつけられたファスナーを頭頂部経由で一周して反対側の耳まで開いて見せた。頭皮の後ろ半分がめくれてフードのようにぶらさがり、真新しい頭蓋骨があらわになる。

「ちょおっ!! 待った!! ダメ! ここではダメッ!!!」

 ひろはゾンビに飛びかかると、その頭部をトレイで必死に隠した。しかし所詮平たいお盆でカバーできるのは一方向だけ、トレイ上のクリームソーダが宙を舞ったこともあり、四方の客が一斉に二人へ目を向ける。
 ……しかし、ひろの焦りもよそに、客は誰一人として驚いた様子を見せない。騒ぎを聞きつけやってきた女性店員も、謝るひろに「大丈夫ですよ〜」と笑顔を向けつつ床のソーダをさらりと片づけて帰っていった。

「あ、あれ? どうして? 今、絶対見られたよね? 後頭部がずる剥けて骨丸出しのところ見られたよね?」


「哲学ゾンビ」って普通のゾンビとどう違うの?

「慌てるでないひろよ。『イドラの呼気』を放っておるから心配は無用じゃ」

「なんじゃいそりゃあ!?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

哲学を学ぶと人生が楽しくなる。ふざけたタイトルですが生きるためのヒントが詰まっています。

この連載について

初回を読む
ゾンビの哲学」に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。

さくら剛

さくら剛の超・哲学入門! 「とっつきにくくて、わかりにくい」、「でも、人生の役には立ちそう」。本書は、そんなやっかいな哲学を「冴えない青年“ひろ”が、古代ギリシア生まれの哲学者“ゾンビ先生”から学んでいく物語」です。哲学とは? この世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません