浪人中にピザ屋の宅配バイトにはまる

ケジメをつけた土岸とは違い、小森谷くんはいまだ勉強に身が入らないでいた。ピザの宅配バイトに明け暮れる日々。いつ辞めるんだと言われても誤魔化す小森谷くんは、仁義がない、と土岸にきつい一言をお見舞いされる。
末期がんを宣告された男性の❝ありそうでなかった❞半生を描いた、『小森谷くんが決めたこと』を特別掲載!

 六月、晩春と初夏が、モアレ模様のように混在していた。

 ケジメをつけて前へ進もうとする土岸とは違って、小森谷くんの脳は相変わらず蕩けていた。

 毎日、予備校には通うものの、漫然と授業をやり過ごし、アルバイトだけを熱心にこなす日々が続く。

 七月になった日、できたてピザをお届けしていた彼は、驚愕の事実に遭遇した。

 配達先に同級生の女子がいたのだけど、彼女の名字と、届け先の名字が違っていた。それだけならそんなに驚かないのだけれど、何と彼女は妊娠していた。

 どうして? いつから? 可能なのか?

 頭の中に謎が駈け巡ったが、彼はのそのそとピザを渡すだけだった。教室では見せなかった笑顔で、彼女が小森谷くんに話しかけてくる。

 何でも相手の会社員と、もうすぐ結婚式を挙げるらしかった。

 おめでとう、とか何とか、もごもご言いながら、彼女から代金を受け取った。腰につけたポーチを探り、おつりを取りだす。

「いやあー、ビビったよ」

 翌日の朝、いつものように土岸と一緒に電車に乗り込み、彼は話の口火を切った。

「お前、石嶺さんって覚えてるだろ?」

 クラスでもあまり目立たなかった石嶺さんの驚愕の事実について、彼は細かく土岸に報告した。

「マジか!」

 土岸は驚いた顔をした。

 大人しくて真面目そうだった石嶺さんのことについて、二人はそれから、ひとしきり話した。事件! と驚くようなことは、いつだって普通っぽい人が起こす。

「うーん、そうか。みんないろいろだな」

「ああ、驚いたよ」

 オレンジ色の電車が、東小金井を過ぎたあたりだった。

「だけど、モリ、それはいいんだけどさ」

「なに?」

「んー、まあ、いいけど」

「なんだよ」

 土岸が窓の外に目をやったので、彼も口をつぐむ格好になった。電車が武蔵境に着いても、土岸は口を開かなかった。

「あのさ、」

 しばらくして、土岸はようやく口を開いた。

「お前さ、いつまでバイトやってんの?」

「……ああ」

 と、彼は声をだした。

 確かに今バイトを辞めても、生活に困るわけではなかった。勉強に集中するためには、バイトを辞めたほうがいいのはわかりきったことだ。

 ただその頃の彼にとってピザの宅配バイトは、単なるお金を稼ぐための手段ではなかった。

 仕事を覚えていくのが楽しかったし、チームで働くのも楽しかった。一日の中で一番充実した時間だった。

 バイト先には昇進制度みたいなものがあった。同じアルバイトのスタッフでも、青銅、白銀、黄金と、女神を護る聖闘士のように、職位が三つに分かれている。

 彼はまだブロンズ・アルバイトだったが、次にシルバーになるのは彼だと噂されている。

「今のバイト、気にいってるんだよな」

「知ってるよ、そんなことは」

 土岸は声を強くした。

「だけど、おれらはそろそろ本気ださなきゃ駄目だろ。お前の母さんのこととか考えてみろよ」

「……ああ」

 親に負担や迷惑をかけていることを思えば、確かに焦るような気にはなった。

「お前には仁義がないんだよ」

「………」

 何も言い返せない小森谷くんの胸に、仁義という言葉が突き刺さった。

 電車は吉祥寺を過ぎ、西荻窪に向けて走りだす。

 仁義。お前には仁義がない……。

 その日、彼の頭の中で、久しぶりに聞いたその言葉がずっと跳ね回っていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
余命2か月といわれた男—小森谷くんが決めたこと

中村航

僕、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも、生き残っちゃいましたけど――。末期がんを宣告された30代男性の“ありそうでなかった”半生を、「100回泣くこと」の著者・中村航が小説化!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません