志望校を東工大にしたのは、ウケ狙いではない

土岸と共に浪人生になった小森谷くんだが、真面目に勉強するために彼女と別れた土岸とは反対に、やる気が全く出てこなかった。志望校も、今のままではとうてい入れそうもない東工大を挙げ、周りの友人に受験をなめていると言われてしまう。
末期がんを宣告された男性の❝ありそうでなかった❞半生を描いた、『小森谷くんが決めたこと』を特別掲載!

「モリ、おれ彼女と別れたから」

 四月の第二週、土岸の衝撃告白が、彼のふやけた脳髄を直撃した。

「ええ!? 嘘だろ? だってお前、こないだだって」

「好きあっていても、別れなきゃならないときはあるんだ」

 日野から代々木に向かう電車に乗り込んだばかりだった。土岸は窓の外を、まっすぐ見つめる。

「いいのか、本当に? だって、あんなにいい子なのに」

「ああ。もう決めたんだ」

 オレンジ色の列車は、がたたたと多摩川の鉄橋を渡った。河川敷から遠く、富士山が見える。

「昨日と一昨日、ずっと話しあったんだよ」

 初めてできた彼女を、土岸はとても大切にしていた。

 二人は多分、日野で一番ホットなカップルだった。

 二人で爆笑し、いちゃつき、手を繋ぎ、見つめあい、そのうち一体化してハリケーンになってしまうんじゃないかと噂されていた。

「二日間、泣きながら話したけどな、最後は笑って別れたよ」

 減速した電車がやがて立川に着いた。土岸と彼女と小森谷くんは、立川でカラオケを一緒にしたこともある。

 ──おれはこいつのこと世界で一番愛してるから。

 三人でいるとき、土岸は恥ずかしげもなく言い放った。

 土岸の目には、一点の曇りもなかった。どうしてそんなふうに思えるんだろう、と、彼には羨ましくもあり、不思議でもあった。

「なあ、」

 土岸の横顔に問いかけた。

 根本的なことを、彼はまだ訊いていなかった。土岸の横顔は、泣いているようにも、笑っているようにも見える。

「お前さ、どうして別れようと思ったの?」

「そりゃあ、勉強に専念するためだよ。来年は絶対に合格しなきゃならない」

 土岸はあっさりと答えた。

「おれは彼女に、絶対に受かるって言い続けていて、受からなかった。

それは重いことだよ。彼女はちゃんと今年、大学に受かったんだ。浪人生のおれが、足をひっぱるわけにはいかない」

「……まあ、そうかもしれないけどさ」

「正直、おれたち今まで、適当すぎただろ。今までのことはしょうがないけど、この一年くらいはマジでやんないとな」

「だけど、彼女がいたって勉強はできるだろ?」

「いや、そういうのは、おれには無理だ」

 加速を終えた電車は快調に走った。

「わかるんだよ。このまま付きあっていると、おれは多分、彼女のことが好きすぎて、勉強なんかできない」

「……いや、でもさ」

「あのな、おれらは今、人間じゃないんだぜ」

 電車がスピードを落とし、車輪とレールの摩擦音が変わった。

「浪人生なんてな、社会的には何ものでもないんだ。親に金だしてもらって、一年猶予をもらってるだけだろ?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
余命2か月といわれた男—小森谷くんが決めたこと

中村航

僕、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも、生き残っちゃいましたけど――。末期がんを宣告された30代男性の“ありそうでなかった”半生を、「100回泣くこと」の著者・中村航が小説化!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません