置いて行かれた悲しみは」左ききのエレン|56話

オーディションの結果、園宮製薬のモデルを続投することになった岸あかり。朝倉光一、園宮千晶、流川俊など、役者は揃い、それぞれの想いを胸に最後の舞台へ運命の1日が始まろうとしているーー。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
左ききのエレン

かっぴー

天才になれなかったすべての人へーー。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だが……。「フェイスブックポリス」で一躍話題になったかっぴーさんが挑戦する、初の長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tkgn カウントダウン、311かと思っていたので12月で安心してる!最近ログミーで見た塚本晋也さんの「映画をかたち作るすべての行程が好き」って言葉であかりを思い出した。|56話|かっぴー @nora_ito | 3ヶ月前 replyretweetfavorite

wtbilly ”営業はこの手の貸借りを絶対に忘れません” 流川いいね!偉くなっても担当時代と同じように接してくれる先輩とか超リスペクト。一方仕事終わった途端、挨拶しても無視する奴とは二度と仕事しねぇ。| 3ヶ月前 replyretweetfavorite

HisatoNakatsubo 鳥肌。 絶対毎回鳥肌になる。 かっぴーさん、いつもありがとう。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

wacanan 左ききのエレン、めちゃくちゃ面白いです。毎回毎回ハッとする描写と、心を掴まれる表現がある。いよいよカウントダウンがあと1日…役者が集まってきた感が高まる〜! https://t.co/y8aidfTP4W 3ヶ月前 replyretweetfavorite