ストリップ劇場で見上げた裸の「お姉さん」

華やかな非日常を覗き見たいという好奇心から、初めてストリップ劇場へ足を運んだ〈臆病な詩人〉の文月悠光さん。裸の踊り子さんのパフォーマンスを目の当たりにして、圧倒されてしまいます。思わず帰りの電車で涙ぐんでしまった文月さんは、夜の世界で舞い踊る「お姉さん」たちに何を見たのでしょうか。

 夜の世界で生きる女性たちが気になっていた。
 繁華街の店先に並ぶ、あでやかな女性たちの看板写真。白く飛ばした肌、ぱっちりと見開かれた目、グロスで輝く唇。看板の中で微笑む彼女たちは、何を見つめているのだろう。客を楽しませて癒すこと、「与える」ことが彼女たちの仕事なのだ。

 私は「与える」という行為が苦手だ。飲み会など小さな場を「盛り上げる」ことも、友人を会話で「楽しませる」ことも。そういった「与える」役割を避け続けてきた。
 苦手というよりも、怖いのだろう。行動する前から、相手に試されているようなプレッシャーを感じて、ひとりでに心が折れてしまう。結果、飲み会では縮こまり、聞き役に回ることがほとんどだ。

 さらには恋愛で「尽くす」ことまで苦手な始末。いつも恋人の顔色をうかがって、ソワソワ、ピリピリ、イライラ。好きな相手だからこそ、神経質になりすぎてしまう。
 人に「与えられる」ことも得意ではない。干渉されるのが鬱陶しくて、親切にしてくれた相手に距離を置いてしまうこともしばしばだ。「不器用」と言えばまだ聞こえがいいが、要するに、独りよがりで身勝手な人間なのだろう。

 だからこそ、お客さんを喜ばせる「与える」職業がまぶしくて仕方がない。ステージで歌い踊るアイドルも、音楽家も、ダンサーも、舞台に立つ人々は、存在そのもので人に希望を与えている。「与える」ことに迷いがない。誰かの欲望や期待を一身に浴びながら、それに飲まれることなく、自分自身を貫いている。舞台と客席の間には、「与え合う」という豊かな循環が見える。

 非日常を覗いてみたい好奇心と、美しい女性を見たい気持ちが高まり、私は生まれて初めてストリップ劇場に行ってみることにした。

なんだこの光景は

「お疲れさまです」

 都内の書店の前で担当編集者N氏と落ち合う。妙な心地である。平日の夕暮れどき、明るい道を涼しい顔で歩いているが、私たちはこれからストリップを観に行くのだ。知人を誘ったものの、二人とも当日都合が悪くなり来られなくなった。まさかN氏と二人きりで鑑賞することになろうとは……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
臆病な詩人、街へ出る。

文月悠光

〈16歳で現代詩手帖賞を受賞〉〈高校3年で中原中也賞最年少受賞〉〈丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞〉。かつて早熟の天才と騒がれた詩人・文月悠光さん。あの華やかな栄冠の日々から、早8年の月日が過ぎました。東京の大学に進学したものの、就職活...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 4ヶ月前 replyretweetfavorite

luna_yumi 【お知らせ】記事の無料公開は、明日8/6(日)朝10時まで🌠 「後で…」と思っていた方は、ぜひ今夜開いてみてください👠 cakes会員の方は、過去回含め、期間後も全文読めます◎ ▶︎ 4ヶ月前 replyretweetfavorite

nail_sweet 沁みる文章。「外から『与えられる』ことだけが、人の幸せではない。誰かに『与える』こと自体を、自分の幸せにできたらどんなにいいだろう――。」ほんとに。 QT 4ヶ月前 replyretweetfavorite

evrydy_bridge とてもおもしろかった。その通りのことをずーっと感じ考え続けてる。 4ヶ月前 replyretweetfavorite