ロックスターの自殺が浮き彫りにする性暴力被害者の苦悩

2017年7月20日、「リンキン・パーク」のボーカリストであるチェスター・ベニントンさんが自宅で自殺しました。2000年代の音楽に熱狂的な人気を博し、今なお大きな活躍を見せていたロックスターの自殺は多くの人に衝撃を与えています。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、その苦しみの在りかを探ります。

ロックバンド「リンキン・パーク」のヴォーカリスト、チェスター・ベニントンが、7月20日に自ら命を断った。

親しくしていた「サウンドガーデン」のヴォーカリスト、クリス・コーネルの自殺からたった2ヶ月後で、しかも、クリスの誕生日だった。クリスの突然の死がチェスターの心理状態に影響を与えたのは想像にかたくない。


3枚目のアルバム『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』がリリースされたころ、私は何度かリンキン・パークのコンサートに行ったことがある。当時13〜15歳だった娘がリンキン・パークのファンで、私も初期3枚のアルバムをiTunesに入れてよく聴いていた。

ステージに近い場所から聴くチェスターの声は、録音されたよりも、生の感情がむき出しだった。怒り、苦悩、苦悶、絶望、そして、救いを求める悲痛な心の叫びが、全身に伝わってきた。それに反応する聴衆の感情のうねりも混じり合い、特別な雰囲気だった。

聴衆の多くは若者だった。心と身体が毎日のように変わる思春期は、本人も心身をコントロールできず、人間関係が激変する。すべての体験が濃厚になり、心の傷も苦悩も深くなる。
リンキン・パークの歌は、成長期の傷つきやすさ、怒り、疎外感を率直に語るもので、だからこそ、若者に愛された。

自殺の真相は、本人以外には誰にもわからないが

たとえ思春期が苦痛に満ちていても、たいていの者は、心に大きな傷を残さずに無事通り抜けて大人になる。

私の娘がそうだ。
リンキン・パークの曲を聴いていたころの娘は、6歳から始めた競泳の世界で、人間関係を含む多くの問題に押しつぶされそうになっていた。だが、幸いなことに、そこを離れて新しい世界と仲間を見つけることができ、「人気バンドを好きだというのはカッコ悪い」という若者らしい生意気さでリンキン・パークを卒業した。

しかし、大人になる前に大きな心の傷を負ってしまうと、そう簡単に治らない。一生心の傷を抱えて生きることになる。チェスター・ベニントンもそのひとりだった。

チェスターは、音楽雑誌RollingStone誌Kerrang誌の取材で、子どもの頃に男性から性虐待を受けたことを告白した。

性的虐待はチェスターが7歳か8歳のときに始まり、13歳まで続いた。相手は何歳か年上の友人で、最初は実験的なタッチだった。だが、行為は次第にエスカレートし、「殴られ、やりたくないことを強制的にやらされた(I was getting beaten up and being forced to do things I didn’t want to do)」。その行為は、「僕の自信を破壊した。(It destroyed my self-confidence.)」とチェスターは語った。

その後、チェスターは初めて加わったロックバンドでようやく自分の居場所と人間関係を見つけた。けれども、同時に「ドラッグでハイになり、大量に酒を飲み、素敵な女の子たちとたくさんセックスする」という簡単で危ない逃げ道もみつけてしまった。それは、すぐに「依存症」になり、16歳になるまでに、LSDからアヘンまでありとあらゆるドラッグに浸った。

多くの性虐待の犠牲者は、程度こそ異なれ、チェスターと同じような道をたどる。

加害者に対する憎しみと同時に、被害者である自分に対しても強い嫌悪感を抱く。心の痛みを忘れるために、酒やドラッグを乱用したり、カミソリで手や足を切るような自傷行為をする。これが習癖になると、やめることはむずかしいし、一度やめても、何かのきっかけでまた戻ってしまうことが多い。

チェスターの自殺の真相は、本人以外には誰にもわからない。
だが、ドラッグや鬱の心理状態が影響しているのは間違いないだろう。そして、その背後には、本人が語ったように性虐待の心の傷がある可能性が高い。

被害者の心をさらに傷つける言葉

これまでに何度も性虐待やレイプについて語ってきたように、これは「男vs女」の問題ではない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 18日前 replyretweetfavorite

kyoukoyamada36 どうかあなたのこころから逸らさずに、読んでほしい。「これがこいつの、あのひとの心にある悲しみなのか」と。 24日前 replyretweetfavorite

bandeapart72 "性的虐待はチェスターが7歳か8歳のときに始まり、13歳まで続いた。…「殴られ、やりたくないことを強制的にやらされた」。その行為は、「僕の自信を破壊した。」とチェスターは語った"https://t.co/woZHHWoDFp 25日前 replyretweetfavorite

bandeapart72 "チェスターの自殺の真相は、本人以外には誰にもわからない。 だが、ドラッグや鬱の心理状態が影響しているのは間違いないだろう。そして、その背後には、本人が語ったように性虐待の心の傷がある可能性が高い。" https://t.co/woZHHWoDFp 25日前 replyretweetfavorite