HIKAKINを真摯に受け止める

今回取り上げるのはYouTuberのヒカキン。2017年5月現在、YouTubeの合計登録者約921万人、合計再生回数は59億回にも上り、小中学生を中心に人気を集めています。ヒカキンが提供するもの、そしてYouTubeの「好きなことで、生きていく」というキャッチコピーへの違和感とは。武田砂鉄さんが考察します。

三田佳子「バナナ食べて、それで儲かるなら、私が食べても……」

先週、所用で母校の中学校へ行ったのだが、校舎に足を踏み入れた途端、様々な記憶が蘇ってくる。文化祭で細々とコントをやったのだが、そのネタの一つが、二人一組になり様々なシチュエーションで「お父さん、娘さんをください!」と叫ぶものだった。いくつかシチュエーションを重ねた後、組体操の「サボテン」でそう叫んだ時に、その日一番の爆笑を浴びたのだった。今から振り返ると、組体操をしながらの「娘さんをください!」が面白いと思えないのだが、あの時浴びた爆笑の感覚が蘇った。

YouTuber全般を卑下するのは簡単で、ただシンプルに、彼らの動画が少しも面白くないと告げること。しかし、それが、再生数や収入といった結果を出している彼らへの妬みに変換されるとこちらの精神衛生が乱れに乱れるので、それなりの人の見解にすがると、『ダウンタウンDX』でHIKAKINと共演した三田佳子が、皮ごとバナナを食べる動画が大反響だったと知らされた後に「バナナ食べて、それで儲かるなら、私が食べても……」とつぶやいた姿が、ひとまず彼らに対する思いのおおよそを代弁してくださっている。

提供しているのは「ほっとする時間」

HIKAKINは、自分の顧客(=ボリューム層、と彼は言う)は小中高生だと断言する。動画を毎日19時にアップするのは、「彼らが一番見やすい時間で、しかも習慣化しやすい時間帯を想定」(HIKAKIN『僕の仕事はYouTube』)しているから。自分のチャンネルに登録してくれる理由を、「ひとりで暇なときに、ネット上の友達のHIKAKINと、新発売のお菓子なんかをネタに、くだらないギャグを交えた雑談でちょっと盛り上がる、ほっとする時間」(前出書)を楽しく感じているからではないかと分析する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「天然パーマという自然エネルギー」文化はコンプレックスから生まれる

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_tocci みんなが好きなこと、しかも学生に好まれることを、大人になってから推察することって難しい。 https://t.co/71RGln1du2 12ヶ月前 replyretweetfavorite

a_tocci 「みんなが【好きなことで、】まだそれを誰もやってはくれていないことを探しながら、【生きていく】」という詳細説明だったのかもしれず、それは想像するに、七面倒くさいことに違いない。https://t.co/71RGln1du2 12ヶ月前 replyretweetfavorite

OsamubinLaden 結局「面白くない」としか言ってねえwww 約2年前 replyretweetfavorite

mixednuts25 ナオトをインティライミしてる人よりはきつくなかった 約2年前 replyretweetfavorite