ショーン・Kに会ったら聞いてみたいこと

『闇金ウシジマくん』とホリエモンがコラボとして話題を呼んだベストセラー本をコミカライズした新刊『バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~』が7月末に発売されます。「最強の実業家」と「最恐の経営者」の成功のメソッドが詰まった同作の発売を記念し、『闇金ウシジマくん』の著者・真鍋昌平さんと堀江貴文さんの対談が実現。「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」で行われた同対談を、特別公開します。

有名人はパンダ的存在である

真鍋晶平(以下、真鍋) 顔が売れている有名な人ほど、そういうグレーゾーンなところで働いている業界の人たちとの付き合いを避けるようになるじゃないですか。でも、僕の場合は漫画家で、顔を出してないので、一緒にいても周囲の目を気にしなくていい。だから、付き合いやすいし、話しやすいんでしょうね。その結果、取材を続けられている部分はあると思います。
 あとは、作品のおかげで名前が売れているので、ある意味、パンダ的な扱いをされているところもあるかもしれません。「こいつ、連れてきたぞー」と。

堀江貴文(以下、堀江) それはおもしろい視点ですね。例えば昭和の時代だったら、大物演歌歌手はほぼ100%ヤクザとつながりがあったわけじゃないですか。でも、当時はそれもパトロンとしてお金があるから、容認されていたわけですよね。そして、ヤクザからすると、「芸能人を連れてきたぞ」と自慢できると。
 ただ、いまは世の中が変わって、芸能人もヤクザの人たちとの付き合いがあると100%アウトになってしまうから、付き合いを切るようになってますよね。

真鍋 写真とかが出ちゃうと、いろいろ大変ですもんね。

ヤクザが有名人に声をかけるのは、「寂しい」から

堀江 僕も以前、名古屋駅で新幹線を乗り換えていたら、名古屋のチンピラ風の人が「握手してください」と声をかけてきて。普段、僕は1人だと声をかけられるので、いつも外出するときは2人以上にするようにしてるんです。でも、そのときはたまたま1人で。
 内心、めんどうくさいな……と思いつつ、握手してたら、その人が「ボスを連れてきます!」と言って、本当にボスを連れてきてしまって。そしたら、某有名暴力団の偉い人だったんですよ。そしたら、その人が「なにか困ったことがあったら、言ってくれ。これから、東京に行くから」と。それを聞いて、「絶対相談したくないよ!」と思ってたんですが、半年後くらいに某格闘イベント観に行って、格闘技プロモーターのとある有名人に挨拶に行ったら、その場にいたんです……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ホリエモン流の「成功メソッド」を、初めての全面まんが化!

この連載について

初回を読む
堀江貴文×真鍋昌平—『バカは最強の法則』発売記念対談

真鍋昌平 /堀江貴文

『闇金ウシジマくん』とホリエモンがコラボとして話題を呼んだベストセラー本をコミカライズした新刊『バカは最強の法則』が7月下旬に発売されます。「最強の実業家」と「最恐の経営者」の成功のメソッドが詰まった同作の発売を記念し、『闇金ウシジマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PUssY931 有名人はパンダ的存在である ですって。 https://t.co/AiOfCvIXrH 1年以上前 replyretweetfavorite

suguruko ”いま価値があるのは、何かに対して、人がお金を払いたくなるような付加価値を生み出すことですよ。そういう仕事をしている人こそ、価値があるんです。” 1年以上前 replyretweetfavorite

r_otake0818 お金の価値が下がっているのでこれからはどんどん楽しいことを! 1年以上前 replyretweetfavorite