闇金ウシジマくん』の取材協力者が、大事件の主犯だった

『闇金ウシジマくん』とホリエモンがコラボとして話題を呼んだベストセラー本をコミカライズした新刊『バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~』が7月末に発売されます。「最強の実業家」と「最恐の経営者」の成功のメソッドが詰まった同作の発売を記念し、『闇金ウシジマくん』の著者・真鍋昌平さんと堀江貴文さんの対談が実現。「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」で行われた同対談を、特別公開します。

取材協力者が捕まってた

堀江貴文(以下、堀江) 『闇金ウシジマくん』って、すごく裏社会のリアルな描写が多いじゃないですか。僕が真鍋さんがすごいと思うのは、真鍋さんがこうした裏社会にいる人たちを、しっかり自分で直接取材しているというところです。なかには、怖い人もいましたよね?

真鍋昌平(以下、真鍋) ……うーん、怖いは怖いですけど、興味の方が勝っちゃうんですよね……。

堀江 なんか印象的な人とかいます?

真鍋 そうですね、今年の5月くらいに●●●が強奪される事件があったじゃないですか。実は、あの犯人の一人が、過去に僕が取材した際に協力してくれた人だったんですよね。

堀江 えー、そうなんだ! すごいな……。

真鍋 「久々にあの人に会いたいなー」と思っていたら、テレビ画面越しに姿を見ることができたので良かったです(笑)。

堀江 作中には登場したんですか?

真鍋 『ウシジマくん』の34巻くらいに強盗のシーンがあるんです。そのシーンを描写する際、彼にはものすごく細かくお話を伺いました。でも、まさかその方法を本人が実行して、捕まるとは思ってなかったのでびっくりしました。

堀江 でも、あの事件って、実は盗まれた側と盗んだ側がグルだったという説もありますよね。

真鍋 実際どうだったかはわかりませんが、強盗は、仲間内から情報を聞くことも多いみたいです。情報が仲間内で回って、最終的には誰がやったのかわからないように盗んでしまうというケースは結構あるようです。
 あと、グレーな業界で働いている人たちって、脱税対策のために現金で保管しているケースが多いので、盗難対策のために、例えば分厚い鉄板を敷いて、金庫自体を鉄板に溶接して、絶対に持っていかれないようにするんです。だから、あの事件みたいに、移動時を狙うんですよね。

相手と距離を詰めるコツは「時間をかけること」

堀江 でも、本当によくいろんな方を取材されていますよね。反社会的な人とかを取材することもあるじゃないですか? あれ、怖くないんですか?

真鍋 紹介者の方が偉い人だと、意外と大丈夫だったりするんですよ。立場が下の人からその人よりも立場が上の人を紹介されると、大変な思いをするんですが、組織の上の方にいる方から紹介してもらうと、みんな紹介者の方の顔を立てるので、丁寧に接してくれますよ。

堀江 なるほどー! どうやってそんな目上の人を紹介してもらうんですか?

真鍋 そういうジャンルに強いライターさんとか、ちょっとグレーな仕事をしている人に教えてもらいます。「おもしろい人を取材したい」というと、「こういう人がいますけど、会いますか?」と言われて、引き合わせてもらう感じですね。

堀江 僕もそういう人たちに絡まれやすいタイプなんです。あと、僕の場合は、そういう人たちと一緒にいると、すぐに『週刊文春』とかに書かれちゃいますからね。「ホリエモン 黒い交際」とか「夜は黒い多動力」とかね(笑)。だからかたくなに、関係は作らないようにしているんですけど。

真鍋 アハハ、どんな多動力ですか。

堀江 『ウシジマくん』は本当に細かいところまでリアルに表現されてますけど、どうやって仲良くなって、話を聞きだすんですか?

真鍋 とにかく時間をかけるようにしています。最初からいきなり聞いても、建前しか言ってくれないので。ゆっくりゆっくり時間をかけると、だんだんいろんなことを教えてくれるようになります。

鬼電を無視した末、起こった「カニテロ」

堀江 そういう人たちとお付き合いしてて、お金の要求されたり、怪しい誘いをされることはないんですか?

真鍋 仮に「一緒に事業をやろう」とか言われても、僕はそういう商売的なものは一切やらないので。あと、基本は取材費も払ってないんです。そもそも受け取らない人が多いですから。
 でも、昔、とある金融屋さんを取材したことがあったんですが、その人は一緒に飲みに行くと、「お前が払え」と100万円くらいするワインを注文しようとするんです。そういう上からガンガンくるタイプの人で。話がおもしろいから会い続けていたんですけど、途中から同じ話しかしないし、朝まで付き合うのもつらいなぁと思って、ある時期から、その人と連絡を取るのをやめたんです。電話がかかってきても、無視してて。

堀江 うわー、怖いな……。

真鍋 そしたら、毎日鬼電が来るようになって。それもひたすら電話を取らないようにしていたら、次に電報が来るようになったんです。その内容が「電話に出るように」と。それも無視していたら、次にお悔み電報が来て、お悔み電報も無視したら、今度は生モノが送られてくるようになりました。

堀江 え、生モノってなんですか? たとえば?

真鍋 カニ……とかですね。

堀江 アハハ! カニテロですか! そのカニ、どうしたんですか?

真鍋 おいしくいただきました(笑)。ただ、金融屋さんって、嫌がらせで債務者宛にデリバリーでピザ30枚を届けて、その人に払わせる……みたいなこともやるんです。だから、僕の場合は、同じ手口でカニを送られたってことです。

堀江 で、その後はどうしたんですか?

真鍋 まぁ、そのあとも、ひたすら連絡は取らないようにしていたんですが、夜中に酔っぱらっているとき、知らない番号から電話が着たので、思わず出てしまったら、その金融屋さんで……。それで、また会わなきゃならなくなって、会いにいったんです。そしたら、すごい怒ってて。仁王立ちで待ってたんですよ。人気のお店だったんですが、店の人が配慮して、客がほかに誰もいない状態で。

堀江 うわー、帰りたいな……。

真鍋 それで、その場で話し合いをしました。そしたら、僕に探偵をつけてたりとかいろいろ判明して、かなりヤバかったんです。もう、どれだけオレのこと愛しているんだ……みたいな感じで。

真鍋昌平は、グレーな人たちの集まるスナックのママである

堀江 そこから、どうやって説得したんですか?

真鍋 まず、「朝まであなたの飲みに付き合うのは非生産的で、僕にはメリットがない」と言うことを伝えました。あと、「僕がそんな風にさぼって、休載するわけにはいかない」と。これを2時間ぐらいかけて、ずーっと伝えました。お店にはお酒もあったんですけど、2人とも一滴も飲みませんでしたね。

堀江 それで納得してくれたんですか?

真鍋 いや、彼に会ったのは歌舞伎町だったんですが、たまたまその日が『闇金ウシジマくん』の映画公開の直前で。歌舞伎町にウシジマくんのポスターが、いっぱい貼ってあったんですよ。
 そこで、そのポスターの前を通りながら、「こういうのがあるから、あんまり飲みにも行けないんです」と言ったら、その人がいきなりスマホを出して、写メを撮りはじめて。「おまえ、すげぇな! 下の名前で呼び合おう!」と(笑)。それで、なんとか収束して、いま、その人とは下の名前で呼び合って、時々また飲むようになりました。

堀江 アハハ! でも、まだ付き合いは続いてるんだ。

真鍋 まだ、解放されてないんです……(笑)。

堀江 その人にすごく気に入られちゃったんですね。

真鍋 気に入られたのもありますが、なにより、そういう業界の人って、しゃべりたいことが多いのに、あまり大っぴらにはしゃべれないというジレンマがあるんです。だから、そういう自分の話を聞いてくれる人が貴重なんでしょうね。

堀江 なるほど。その人は寂しかったんですね。なんか、真鍋さん、グレーな人たちが集まるスナックのママみたいですね。

真鍋 その通りですよ(笑)。

堀江 しかも、スナックのママにしゃべったことが、自分とは特定されない形で、漫画になってて、ちょっとうれしい……みたいな(笑)。

次回「ショーン・Kに会ったら聞いてみたいこと」は8/1公開予定

構成:藤村はるな

ホリエモン流の「成功メソッド」を、初めての全面まんが化!

この連載について

堀江貴文×真鍋昌平—『バカは最強の法則』発売記念対談

真鍋昌平 /堀江貴文

『闇金ウシジマくん』とホリエモンがコラボとして話題を呼んだベストセラー本をコミカライズした新刊『バカは最強の法則』が7月下旬に発売されます。「最強の実業家」と「最恐の経営者」の成功のメソッドが詰まった同作の発売を記念し、『闇金ウシジマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takahr_kw ウシジマくん。面白い。転げ落ちる人ってちょっとした躓きが原因で、実は普通の人だったりする。古いけど↓の記事も興味深い。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

NakataMaho https://t.co/C2AOvtdXsa スゲ〜 12ヶ月前 replyretweetfavorite

daizu_888 https://t.co/o9tUC9Qas1 せんせい…素晴らしいお話をつくるためにこんな大変な目に…。゚(゚´ω`゚)゚。 約1年前 replyretweetfavorite

akihik0810 『ウシジマくん』の34巻くらいに強盗のシーンがあるんです。そのシーンを描写する際、彼にはものすごく細かくお話を伺いました。でも、まさかその方法を本人が実行して / #§_暗黒面 #finance #漫画家 1年以上前 replyretweetfavorite