東京の夫婦

彼女の両親に挨拶に行った。[第三回]

「大人計画」を主宰し、作家、俳優として活躍する松尾スズキさん。2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾氏がその結婚生活を綴ったエッセイ「東京の夫婦」の連載がスタート。第三回は男性のライフイベントの中でも難度高めのミッション、「彼女の両親に挨拶に行く」です。イラストは近藤ようこさん。


 妻は茨城の出身で、僕と同棲する31歳まで実家暮らしだった。生粋の箱入り娘である。茨城で31年生きて来た女と九州で25年生きて来た50歳の男が、アッという間に出会えてしまえる町、それが東京というものだ。

 それはともかく、東京で同棲するにあたり、両親の許可をえなければならないと僕は考えた。インターネットを調べれば、僕がどんな人間かはたいがいわかろうものだが、やはり、実際会って喋らなければ、不安になる材料もネットにはゴロゴロ転がっている。僕が昔、某女優と不倫していたとか、訴えてやろうかと思うほどのデマもある。

 前の結婚のときも同棲の際には挨拶に行った。
 同棲、と聞いて両親が怒っている、と、聞いたからだ。
 怒るのか。そういうものなのか。嫁入り前の娘が男と住む。確かにそれをゆゆしき事態ととらえる親もいるだろう。しかし、僕は一度生活を伴にしてみないと、籍を入れるという一大事にはどうしても立ち向かえない。東京に出てすぐに同棲した女が、徐々に酒乱の気を出して毎日が大混乱だったこともトラウマになっている。あの頃、喧嘩したあげく包丁やアイスピックの奪い合いになったことが何度あったことか。本当に結婚するはめにならなくてよかったあの人とは。やはり住んでみないとわからないこともある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

松尾スズキが綴る、東京の夫婦の軌跡

東京の夫婦

松尾スズキ
マガジンハウス
2017-08-10

この連載について

初回を読む
東京の夫婦

松尾スズキ

東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳の箱入り娘。 ときどきシビアで、ときどきファンタジーで。 2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾スズキさんがその結婚...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yomoyomo "インターネットを調べれば、僕がどんな人間かはたいがいわかろうものだが、やはり、実際会って喋らなければ、不安になる材料もネットにはゴロゴロ転がっている。僕が昔、某女優と不倫していたとか、訴えてやろうかと思うほどのデマもある。" https://t.co/wS4avTl6U7 3年以上前 replyretweetfavorite

pixiewired "前の結婚のときも同棲の際には挨拶に行った。 同棲、と聞いて両親が怒っている、と、聞いたからだ。 怒るのか。そういうものなのか..." https://t.co/ISbTX6LkOI https://t.co/44WE4n3h8D #drip_app 3年以上前 replyretweetfavorite