ネットで楽しみが拡張するサッカー観戦

人気サッカー情報サイト「サポティスタ」編集人・岡田康宏さんに、ネットの広まりで変わりつつあるサッカー観戦の楽しみ方についてご寄稿いただきました。アイドルライターとしても知られる岡田さんは、昨今のライブアイドルブームとサッカーの共通点から、その魅力を導き出します。ぜひご一読ください!

サッカーとアイドルの共通点

4月5日にポット出版から『アイドルのいる暮らし』という本を出しました。

アイドルのいる暮らし
アイドルのいる暮らし

これはタワーレコードのWEBサイトで連載され好評だった、アイドルファンのロングインタビューをまとめたもので、10人の大人のアイドルファンの見方や楽しみ方、遊び方を通して、今のアイドルブームの実情が浮かび上がってくるといった内容です。

僕はもともとサポーター出身のサッカーライターでした。1998年からWEBサイト「サポティスタ」で情報を発信し、2002年のW杯の頃から10年弱、TVブロスでサッカーのコラムを連載していました。今はサッカーキングというWEB、雑誌の総合メディアでプロデューサーをしています。

なんでそんな人間がアイドルの本を書いているのか。もちろんもともとサッカー好きであると同時にアイドル好きだったからというのもあるのですが、あるときから、その2つの趣味が様々な部分で重なるようになってきたんですね。

例えば、AKB48以前のグループアイドル、キャンディーズやピンクレディー、おニャン子クラブやモーニング娘。というのは、皆、テレビ番組から生まれたアイドルでした。

ところが最近大きくブレイクしたアイドルグループ、Perfume、AKB48、ももいろクローバーZは、いずれも小さなステージのライブから出発し、ファンの数が一桁のところから紅白出場、ドーム公演まで辿り着いたという共通点があります。

いずれも当初はメディア展開よりもライブ体験を重視し、ブレイクに至る過程には口コミによる伝播、ファン参加型の盛り上がりが大きく作用しました。

サポーターとソーシャルメディア

日本でサッカーが大きく注目されるようになったのは、Jリーグが開幕し、ドーハの悲劇があった1993年。この年、新語流行語大賞の年間大賞を受賞したのが「Jリーグ」で、新語部門の金賞を受賞したのが「サポーター」という言葉でした。

では、ファンとサポーターは何が違うのか。元日本代表監督の岡田武史氏はこのように言っています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

ケイクスカルチャー

岡田康宏

関連キーワード

コメント

ruu_kk AKBは活動1年目からPOP JAM(MUSIC JAPANの前身)やMUSIC STATIONに出演。日本青年館等大きなハコで単独ライブしてたことを考えると当初からメディア戦略に熱心、且つ恵まれていたと思います。 5年弱前 replyretweetfavorite

dd110kin 運営しているサッカーサイト『サポティスタ』がもはやアイドルイベント告知サイト化しているw岡田さんならではの考え方。 5年弱前 replyretweetfavorite

nokunnn アイドル・サッカーに限らず、いろんなとこでこういう現象起こってそう 5年弱前 replyretweetfavorite

supportista ケイクスさんで原稿書かせてもらいました。ライブアイドルブームとサッカーの共通点、その楽しみを増幅させる 5年弱前 replyretweetfavorite