第12回】フランスでの生活①

今回はカーヴを訪れる人によく聞かれるという、フランスでの生活について語って頂きました。会社設立当初は仕事のことだけを考える毎日だった仲田さん。友人から「子供たちの小さいころは、一生に一度しかないよ」と言われたのをきっかけに、家族で過ごす時間を作るようになったといいます。お子さんと一緒にワインの仕事をしたり、忙しい合間をぬって息子さんのサッカーの試合を見に行ったり……充実した生活を紹介して頂きました。フランスはブルゴーニュのジュブレ・シャンベルタン村でワイナリーを経営する日本人醸造家・仲田晃司さんによる連載、第12回です。

こんにちは。


フランスはあいかわらず、とても寒いです。
日本はいかがですか?

いま、私たちの畑では、傷んだ木の杭を新しい木に変える作業をしています。
1ha(100m x 100m)あたり約2000本程度の杭があります。
今年は大体800本の杭を変えなければならず一労働です。

ワインづくりを始めてから、たくさんの方たちに
私のカーヴを訪れていただいています。
そのときによく聞かれるのが、
「フランスでの生活って、どんなものですか?」
「ふだんは何をしているのですか?」
ということ。

そういうわけで、今回は、フランスでの生活について書いてみます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイン通信・ブルゴーニュの村から

仲田晃司

フランスはブルゴーニュのジュブレ・シャンベルタン村でワイナリーを経営する日本人醸造家・仲田晃司さんはじめての連載。仲田さんのワインのラベルには「天・地・人」という文字がきざまれています。2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません