外見も性格も年収も悪くないのに、彼女ができない理由

下田美咲さんによる「人生の作戦会議!」、ケース3は「29年間、一度も彼女ができたことがない」という涼太のお悩みです。王生際ハナコの作戦会議室を訪れ、「彼女が欲しいんです」と相談した涼太。すると、「涼太くんは、彼女ができたことがないっていうか、作ろうとしたことがないよね」と指摘されて……。


できないのではなく、作ろうとしていなかっただけ?

そんな風には考えたことがなかった。

「彼女って、作ろうとしないとできないものだよ」

「そう……なんですか?」

「多くの人にとってはね。もちろん、ごくごく一部、作ろうとしなくてもできる人もいるよ。あと残念だけど、全体の10%くらいの人たちは、作ろうとしてもできない」

「なんなんですか、その違いは……?!」

作ろうとしなくてもできるのは、よっぽどモテる人。福士蒼汰レベルの外見だったりすると、引きこもったりしない限り、世間に顔を晒しながら生きているだけで、彼女になりたがって立候補してくる女がワンサカいるから、作ろうとしなくてもできる。本人の中に『彼女は作らない方針』みたいなのがなければ、できる」

「なる……ほど……」

「作ろうとしてもできない人たちっていうのは、恋愛対象に入れないようなスペックの持ち主。ざっくり言うと、ブサイクとかキモいとかクサいとか、すごく貧乏とか、あからさまに性格が悪いとか、コミュニケーション能力が著しく低いとか、そういうマイナスの特徴が強い人たち」

「ああ……!」

「できないっていうか、正確にはできづらいだけだけどね。あと極端なすきっ歯とか、出っ歯とか受け口とかだと彼女できづらいよ。歯のインパクトってハンパじゃないからね。歯に余計な特徴があると、顔の印象が全部そこに持ってかれちゃうんだよね。ガチャガチャした歯だと、歯磨きが行き届いてなさそうな感じもするから不衛生にも見えるし、キスのハードルが上がる」

「歯は大事って言いますもんね……!」

「うん。でも、涼太くんは、私の見立てだと、恋愛対象に入れないようなスペックの持ち主ではない」

「あ、ありがとうございます」

なんだか嬉しい。そして安心する。とくに自分を過小評価しているわけではないが、やはり女の人に(それもこんな美人な)そう言ってもらえると、自信が湧いてくる。

「だからね、涼太くんは、彼女ができないんじゃないよ。作ろうとしたことがないだけだよ」

「多くの男たちは作ろうとして作ってるってことですか?」

「そうだよ。福士蒼汰級以外はね」

「作ろうとするって、具体的にどういうことですか?」

「告白をする。僕と付き合ってくださいって、女の人に交渉をする。涼太くんは、告白をしたことがないから彼女ができたことがないだけだよ」

「え、いや、でも、告白さえすれば付き合えるってもんでもないですよね? フラれることもあるし」

「うん、そうなんだけど、好きな人ができたことはあるのに告白をしたことがないその姿勢に問題があるよ。さっき、そういう流れにならなかったから、って言ってたけど、そういう流れって何?」

「え? ああ、えーと、なんだろう……」

中高生の頃のことだからそもそも記憶もおぼろげだが、たしかに、言われてみればそういう流れとはなんだろう。

「そういう流れとかないから。告白って、それまでそこに流れていた空気をブチ壊してするものだから

「!」

「涼太くんは、具体的に女の子に拒絶されたことはないわけだよね。彼氏になりたがったことがないだけ。ターゲットを決めて、彼氏になりたがれば、彼氏にしてもらえるよ。つまり彼女できるよ

涼太は、目からウロコが落ちる思いだった。彼氏になりたがったことがないから、僕は彼女ができたことがないのか。

「福士蒼汰級でも、特定の女の人を指名で彼女にしたいと考えた場合は、その子の彼氏になりたがって、なるための行動を取るんだよ。そしてどこかのタイミングで覚悟を決めて、空気をブチ壊して告白をしているんだよ」

僕は確実に福士蒼汰級ではない上に、何も行動をしていない。

「涼太くんが自分に対して、あからさまに女子が好むような付加価値を付けまくれば話は変わってくるけれど。大金持ちになるとか、有名人になるとか、自分で言いふらさなくても周知されるような大成功を収めるとか、わかりやすくスペックを上げれば、そういう男の人の彼女になりたがる女の人は一定数いるから、待ってるだけでも彼女ができるとは思う。でも、涼太くんが普通の範囲内の男でいるなら、待ってるだけでは彼女はできないよ。彼女は作ろうとして作るものだよ」

たしかに僕は、どこを取ってもすごく中肉中背な男だ。人と比べて特別にダメなところもないが、秀でたところもない。

「ということで! 涼太くんが彼女持ちになるために必要なことは、まず第一に、誰かの彼氏になりたがることです。

ミッションその① 『この女の彼氏になりたい』というターゲットを定めること

「ターゲットですか……!」

「うん。それを一般的には、好きな人と呼んだりするね。でも、別に好きにならなくてもいいよ。とりあえず彼女を作る習慣を持つことが大事だと思うから、彼女にしてみたい程度に気にいる女でいいよ。ほとんどの大人は、好きな人ではなく、わりと気に入った相手ととりあえず付き合っているし

「!!!……そ、そうなんですか……?!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
人生の作戦会議!ーなんでも解決しちゃう女、王生際ハナコ

下田美咲

「恋愛がうまくいかない」「仕事で成果が出ない」「自分に自信がない」「運が悪い」など、あらゆる悩みを王生際ハナコが解決します! 占いでも、カウンセリングでもない、「人生の作戦会議」とは? cakes人気連載「下田美咲の口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mayuptck 元婚約者を思い出し、そして自分を振り返った(笑)この人の文章おもしろい👍 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

WBxxshiteru 彼女にしたい程度に 気に入ってたらそれはもう好きじゃないの? 2ヶ月前 replyretweetfavorite

kingmayummy ほんとぐぅ正論ただしい。> 2ヶ月前 replyretweetfavorite

n4mtrhi ほぼ同意と言わざるをえない 2ヶ月前 replyretweetfavorite