そもそも細胞はどこから生まれたのか?

ちまたには健康情報があふれています。なかには医学的根拠のない治療法やサプリメント、最新の研究から有害とわかった例も。医療小説を手がける現役医師の久坂部羊さんが、音楽家のモーツァルトや、トマス・ハリスの作品に登場するレクター博士らの逸話を交えながら、身体の仕組みと医学常識の虚実を解き明かします! 今回のテーマは「細胞はどこから生まれたのか?」。

すべての細胞は細胞から

人間の身体は、約37兆個の細胞からなっています。大きさは場所によってちがいますが、直径は10~100㎛(マイクロメートル。㎛は㎜の千分の一)程度です。

細胞の基本は、細胞膜、細胞質、核で、ほかにミトコンドリアや、リボソーム、ゴルジ体などの細胞小器官があります。

さて、細胞はそもそもどこから生まれたのでしょう。ドイツの病理学者、ルドルフ・フィルヒョウ(1821~1902)は、次のような名言を残しています。

「すべての細胞は細胞から生じる」

しかし、これでは答えになっていませんね。最初の細胞がどこから生まれたのか、明らかにしていないのですから。

この名言の真意は、病気は生命の全体に起こるのではなく、細胞のグループに起こるということです。これが「細胞病理学」で、それまでの「体液病理学」にとって代わる画期的な学説でした。

この説の鋭いところは、がんなどの悪性腫瘍も、細胞からなるかぎり、患者自身の正常細胞から発生することを看破した点です。

もちろん今では、すべての病気が細胞の病変によるとはかぎらないことがわかっています。 たとえば、精神疾患や機能不全症などは、細胞をいくら観察しても異常は見つかりません。 しかし、フィルヒョウの名言により、治療のターゲットが細胞になったことで、医療は大きく進歩しました。

この名言には、もうひとつ重要な意味合いがあります。それは、「生命自然発生説」の否定です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

健康中毒の日本人必読! 医学のウソ・ホントを解き明かす一冊

この連載について

初回を読む
カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomshirai ウィルソンらの追跡したサンプルは、「できるだけ多くの民族から選んだ」と言いながら、たった147人です。 約1年前 replyretweetfavorite

suerene1 https://t.co/O3aYNT30fK 約1年前 replyretweetfavorite