健康診断を毎年受けると短命に?

ちまたには健康情報があふれています。なかには医学的根拠のない治療法やサプリメント、最新の研究から有害とわかった例も。医療小説を手がける現役医師の久坂部羊さんが、音楽家のモーツァルトや、トマス・ハリスの作品に登場するレクター博士らの逸話を交えながら、身体の仕組みと医学常識の虚実を解き明かします!

医学の進歩が作る不安

医学の進歩は何のためにあるのでしょうか。

それは病気の不安を減らし、安心して暮らせるようにするためでしょう。しかし、今、医学が進歩したおかげで、かえって不安が増しています。発がん物質、放射線、遺伝子異常、新型ウイルス、メタボリック・シンドローム、骨粗鬆症、うつ病や認知症等々。

少しでも健康に、少しでも安全にと、情報を求めれば求めるほど、新しい病気、新しい脅威、新しい不安材料が出てきて、心の休まる暇がありません。

血液検査の結果を気に病む人も多いし、血圧が心配な人は一日に何回も測り、高い値が出るとやたらと深呼吸をして、納得のいく値が出るまで測ったりします。がんノイローゼや認知症恐怖症みたいな人もいます。それらはすべて、情報が多すぎることによる煩わずらいです。

「まえがき」にも書いた通り、私は外務省の医務官として約9年間、海外暮らしをしました。

そのとき各地の状況を見て、日本の医療は果たして人々を幸福にしているのかと、大いに疑問を感じました。たとえば、パプアニューギニアの奥地の村では、血圧を気にする人はいません。血圧計がないからです。発がん物質や認知症の情報もありませんから、不安を抱くこともなく、日々を淡々と過ごしています。

もちろん、彼らの生活のほうがよいと、単純に考えているわけではありません。パプアニューギニアの平均寿命は60歳そこそこですから、日本よりかなり短命です。しかし、ハラハラ、ドキドキしながら長生きするのと、短命だけれど気楽に過ごすのとの、どちらがいいのか。医療に携わる者として、真剣に首を傾げます。

気楽で長命なのがいちばんいいでしょうが、長生きしようと思えば、あれこれ情報も必要になり、健康管理もしなければならず、嗜好品も制限され、過度の遊びや夜更かしも御法度となり、ほかにもいろいろ我慢・心配させられて、少しものんびりできません。

そのジレンマから脱するためにも、医学とはそもそも何かを知ることも有用でしょう。

健診を毎年受けると短命に?

健康診断は法律で義務づけられているので、企業などでは毎年、従業員に受けるよう指導しています。しかし、健康診断をすれば寿命が延びるというデータはありません。やったほうがいいだろうという思い込みで行われているのです。

果たして、それは正しいのでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「脳みそ喰われても痛くない?」謎がいっぱいの医学講座へようこそ!

この連載について

初回を読む
カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

itoukayoko 久坂部 羊先生が好きなんです。 以下本文より抜粋 「医学の進歩は何のためにあるのでしょうか。 それは病気の不安を減らし、安心して暮らせるようにするためでしょう。しかし、今、医学が進歩したおかげで、かえって不安が増しています」... https://t.co/rsOhKWlLSF 11ヶ月前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 11ヶ月前 replyretweetfavorite