台風と軽石。
ーもの凄い圧力を仕掛けてくる邪悪なうねりにも負けずー

【第13回】上空から仕掛けてくるもの凄い圧にやられ、悲鳴をあげるからだを抱えてフラフラと歩いていった先で、ついに運命の出会い? 見ず知らずの彼女に声をかけるのは罪なのか? カラカラと空回りする妄想の中で演劇作家の夏の日はこうして暮れていく・・・。



低気圧に弱いひととしか、低気圧の話をしたくない。それはトマトが好きなひとに、なんでトマト食べれないの? と言われるのと似ていて、いや食べれねーんだから食べれねーんだよ、ってだけなんだけど、トマトが好きなひとには嫌いな意味が本当に絶対にわからないのだろう。なのに、いちいちたぶん一生、「いやあ、なぜだか、昔から・・・」と説明しなくちゃいけない。低気圧による偏頭痛に悩まされたことのないひとにとって、低気圧は低気圧ってだけなんだろう。ぼくにとっては上空からもの凄い圧力を仕掛けてくる邪悪なうねりだという認識があるから、それくらいのレベルで低気圧と付き合っているひととしか、低気圧の日は喋(しゃべ)りたくない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

又吉直樹さんも絶賛!

おんなのこはもりのなか

藤田貴大
マガジンハウス
2017-04-13

この連載について

初回を読む
おんなのこはもりのなか

藤田貴大

演劇界のみならず、さまざまなカルチャーシーンで注目を集める演劇作家・藤田貴大が、“おんなのこ”を追いかけて、悶々とする20代までの日常をお蔵出し!「これ、(書いて)大丈夫なんですか?」という女子がいる一方で、「透きとおった変態性と切な...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません