第14回】狙い過ぎても当たらない ゲイ・ファッションの難しさ

靴に洋服、エステ、スポーツジム、美容院──年を取っても人に見られることを意識しているゲイは、流行に敏感で、こうした商品・サービスの消費意欲が旺盛。そんな中、トランスジェンダーが“パス”するためのグッズ販売や性別適合手術の支援を行うメーカー、LAUXESが支持を集めている。パスとは、トランスが望む性で社会的に通用すること、体の性別を見破られないようにすることだ。

 靴に洋服、エステ、スポーツジム、美容院──年を取っても人に見られることを意識しているゲイは、流行に敏感で、こうした商品・サービスの消費意欲が旺盛だ。

 彼らに人気のファッションスポットといえば、伊勢丹メンズ館(東京・新宿)や阪急メンズ館(大阪・梅田、東京・有楽町)。「カジュアルからラグジュアリーブランドまで一通り見ることができるし、化粧品や下着は他にはない豊富な品揃え」と熱い支持を受ける。

 当の伊勢丹は、LGBTの顧客を意識しているかという本誌の問いに全面否定したが、「ゲイタウン・新宿2丁目とは共存共栄」と複数のアパレル関係者は口を揃える。

 大手百貨店に展開する男性下着ブランド「TOOT」はゲイの顧客も数多く抱える。看板商品の「ナノボクサー」は男性らしいスポーティさとセクシーさがウリだ。

フロント部分に〝寄せて上げる〞機能を持たせ、立体的なデザインを施すTOOTのパンツ。見た目だけでなく、洗濯してもフィット感が損なわれないなど上質さにこだわり、ファンは多い

 代表の大石卓氏は2000年、百貨店が売り上げ減に苦しむ中、男女共に化粧品と下着だけは堅調だったことに目を付け、当時はほとんどなかったオシャレな男性用下着の開発をスタート。見た目だけでなく、着心地や国産の品質にこだわることで、男性用下着としては3500円前後と高額ながら、一躍人気ブランドとなった。

 一方、ゲイの間の流行が思わぬ広がりを見せることもある。オネエタレントが薦めた韓国コスメやつけまつげは、女性たちに一大ブームを巻き起こした。

 LGBTマーケティングと一口に言っても正解はない。狙い過ぎても当たらない、そこに難しさがあるようだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
国内市場5.7兆円 「LGBT(レズビアン/ゲイ/バイ・セクシャル/トランスジェンダー)市場」を攻略せよ!【3】~日本におけるLGBT最新事情

週刊ダイヤモンド

LGBT先進国の米国には遅れているが、日本でもLGBT市場を意識した動きが出てきた。まだ、どうしてよいかわからない企業が多い中で、一歩先を行く企業はどのように考えているのか。 本誌・池冨 仁、臼井真粧美、柳澤里佳、片田江康男(ダイヤモ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tak_tbz 狙い過ぎても当たらない ゲイ・ファッションの難しさ https://t.co/2TXpTEBGci “一方、ゲイの間の流行が思わぬ広がりを見せることもある。オネエタレントが薦めた韓国コスメやつけまつげは、女性たちに一大ブームを巻き起こした。” オネエタレントとゲイは別物だから。 5年以上前 replyretweetfavorite