レイプ事件のたびに話題になる「性行為の同意」とは?

レイプ事件などで度々話題になる「性行為の同意」のあるなし。イギリスの警察署が公開した「性行為の同意を紅茶に例えた動画」は世界中で話題となりました。しかしこの「性行為の同意」の問題と紅茶の例えは、本質的な部分が異なっているとアメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが指摘します。

性行為の同意とは

レイプ事件や訴訟が起きるたびに、「性行為の同意」が話題になる。ソーシャルメディアやワイドショーで、見解の違いが口論に発展し、炎上することも少なくない。

6月末には、「“性行為の同意があった”と思われても仕方がないと思うもの(複数回答)」として次のような結果がテレビで放映され、ネットで炎上した(NHKネットクラブアンケート)。

・2人きりで食事 11%
・2人きりで飲酒 27%
・2人きりで車に乗る 25%
・露出の多い服装 23%
・泥酔している 35%

この結果に対して多くの女性が激怒したのは当然のことだ。

「性行為」を「強盗」に置き換えたら、怒る女性の心境がわかりやすいかもしれない。「金持ちだということが明らかな衣服や時計を身につけたり、泥酔したりしたら、”金を取られても良い“という同意をしたことになるのか?」という見方だ。

これに対して、「危ない場所で高い服を着て歩いたり、酔っ払ったら、やはり本人が悪い」という反対意見も出て来るかもしれない。

イギリスのテムズ・バレー警察署がキャンペーンで使った性行為の同意を紅茶にたとえたビデオのほうが、強盗のたとえよりわかりやすいかもしれない。

「紅茶」なしには生きられないほど紅茶好きのイギリスならではのユーモアがある例えで、男性にも人気があったようだ。

同意が曖昧な性交渉の難しさ

しかし、性行為の同意は盗難や紅茶とは本質的な部分が異なる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アメリカで何が起こり、何が分断を生んでいるかを読み解く一冊

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ReikoKudo イギリスは、同意のない性行為は犯罪です、という動画を警察がつくってる国ですからね。→https://t.co/6Y0sXniX4L 約1年前 replyretweetfavorite

yachitoka |アメリカはいつも夢見ている|渡辺由佳里|cakes(ケイクス) この話題はいつも憂鬱になる。うちの子が被害者・加害者にならないように私は何ができるだろ、どうしたらいいんだろって。 https://t.co/cMfAcQMZUv 約2年前 replyretweetfavorite

nekoojisan07 アメリカの大学では、性に関するくわしいルールを作成し、それを学生に伝えている。 約2年前 replyretweetfavorite