キレる梅沢富美男のなだめ方

今回取り上げるのは、ここ数年急激にテレビ出演を増やしている梅沢富美男。歯に衣着せぬ発言が話題になりますが、それが支持されているということなのでしょうか。梅沢富美男がよく使う「正論」という言葉から、彼のなだめ方を考えます。

だめなもんはだめなんだなんてだめだ

評論家や専門家の方々が繰り返し言及しているので、そんなんもう分かってるよという事実だろうが、少年犯罪は年々減っている。統計が証明している。それでもアンケートをとれば、少年犯罪は増えていると答える人が圧倒的に多い。是非とも少年少女の皆さんは、警察庁が発表している「昭和24年以降における刑法犯少年の検挙人員及び人口比の推移」あたりのグラフを出力して持ち歩いてもらいたい。最近の若者は何をしでかすか分からない、と言われる場面に年に数回は出くわすだろうから、そういう時には、そのグラフの出力紙を渡して「ちょっと急いでいるのでお先に」とその場を立ち去ると良い。

梅沢富美男の口癖は「だめなもんはだめなんだ」である。自著『正論』のオビにも大きくそう記されている。その口癖に対抗する言葉を探し出し、何とか導き出された言葉が「だめなもんはだめなんだなんて、だめだと思う」なのだが、なぜって、こういう人こそが、体感治安の悪さをいたずらに煽ったり、最近の若者を低く見積もったりするからである。梅沢は言う。かつての日本では「ジジババは、町内の治安を守ってくれていた。今の日本では、町内のつながりなんて皆無だ。隣近所の付き合もなくて当たり前」「おかしな野郎がうろつこうとも、隣の家でとんでもないことが起こってようとも、誰も気づかないし、気にもしない」(梅沢富美男『正論』)という。ジジババがもっと若者に物申せば町の治安がよくなるという。こういう時の為に、若者には少年犯罪件数のグラフを持っていて欲しい。たとえ少年犯罪についての話ではなくとも「あっ、そちらが子供だった頃はもっと多かったんですよね」という申し立ては「正論」になる。

「目上の者には、何があっても『ハイ』と言え」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「天然パーマという自然エネルギー」文化はコンプレックスから生まれる

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mash_january25 @dj_mutameso 武田砂鉄さんの連載での考察が秀逸 https://t.co/6PWaKWltNM 約1年前 replyretweetfavorite

Neishan48 トミオはどこの現場にも、たぶん、いる(笑)。  2年弱前 replyretweetfavorite

tukushi_mio 梅沢富美男いわく 「目上の者には、何があっても『ハイ』と言え」 「叩かれてはじめて、人生がわかるんじゃないですか」 「休みたいなら、舞台で倒れな」 →これに対する武田砂鉄さんの反対提示が素晴らしい! @takedasatetsu https://t.co/gWawbyzaIe 2年弱前 replyretweetfavorite

k2gtr 〜だめなものはだめだなんてだめだ〜 武田砂鉄さんが梅沢富美男に徹底して突っ込む。素晴らしい。 https://t.co/533HMLz1g6 2年弱前 replyretweetfavorite