日本人は「生き苦しさ」に気づいてる

これまで、日本で「生きづらさ」を感じて苦しんでいる人が、少しでも生きやすくなるヒントを伝えられれば、と続いてきたこの連載。今回から、また新しいテーマに入っていきます。まずはじめは、中村さんが最近感じている、日本のとある変化についてのお話です。

日本で感じていた「生き苦しさ」の正体

この連載ではこれまで、パリへ移住したことで変化した私自身の生き方や、パリにいる色々な人の生き方について紹介してきました。

パリに来るまで「なんだか生き苦しい」と感じていた私は、それがどうしてなのか、日本にいるときはわかりませんでした。その苦しみは婚活をキッカケに限界を迎え、苦し紛れに世界に飛び出し、パリへ移住。そこでようやく「生き苦しい」と感じていた原因を知ることになります。それは「○○でなければ」という、日本の社会の中にある「社会や他人の基準」で生きようとしていたからでした。

パリに来てからは「私自身はどうしたいのか?」を常に考えて生きる環境になり、それはそれで、初めての経験でとまどいました。でも、少しずつ自問自答をくり返す癖をつけることで、日本で感じていたような生き苦しさからは逃れることができています。

この連載は、「生き苦しさ」を感じてはいるものの、その原因がなにか気がつけていない人たちへ、過去の自分と似たような女性たちへ、肩の力を抜いて楽に生きてもらえるヒントを伝えることはできないか?という思いを原動力にして書いています。

特に大都会東京で、毎日同じ世界であくせく忙しく働いていると、身体も頭も凝り固まってしまって、忙しいこと、苦しいことが当たり前。時々、友人らと飲んだり、衝動買いしたりで発散してスッキリすることはあっても、根本の原因に気がついていないので、またすぐに苦しさは溜まってしまう……なんてこと、身に覚えのある方も多いのではないでしょうか?

まず、自分がなんだか苦しいと感じていること。そして、なんで苦しいと感じているのか? まずは、その苦しみの原因に気がついて〜!そんな念力を送るような気持ちで、東京にいるcakesの担当編集者さんに向かって、毎週、毎週、原稿を送らせてもらってきました。

日本人は「このままじゃおかしい」と気がついている

そんなことを考えて書き続けてきたここ1年くらいのこと。「あ、もうたくさんの人たちが、苦しみの原因に気がつき始めているな」という感触を、ネットを通して感じることが多くなってきました。それをとくに感じるのは、炎上事件への反応を見る時です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 "日本で生きる多くの人が、無意識に「社会基準」の奴隷になっている、もしくは「呪い」にかかっている…" 2日前 replyretweetfavorite

furuseeri 自分はどうか?って、案外難しい。でも、幸せの基準は、確かに自分で決めたいなーと思う。 https://t.co/x1dzwjmT1A 4日前 replyretweetfavorite

__masag3 ”それは「○○でなければ」という、日本の社会の中にある「社会や他人の基準」で生きようとしていたからでした。” 4日前 replyretweetfavorite

hashio31 最近思ったこと「.〜でなければならない」幻想に気づく記事を発見しました♪ https://t.co/wIREeDM0k1 4日前 replyretweetfavorite