世界一危険な職場、バングラデシュ「船の墓場」の労働者たち

世界で一番危ない仕事を探していくと必ず名前の挙がる「船の墓場」。いったいどんな場所で、どんな人がどんな条件で働いているのか? いまいちばん”トガってる”異色の旅番組『クレイジージャーニー』出演中の危険地帯ジャーナリスト、丸山ゴンザレスが満を持しておくる『世界の混沌を歩く ダークツーリスト』より、バングラデシュ「船の墓場」潜入ルポをお届けします!

人力の解体作業

「船の外壁や、ドアなどをガスバーナーを使って切り取り、それを岸まで人力で運ぶんだ。大きな塊(かたまり)はロープに結びつけ、大勢で引っ張る。ときには船からオイルやガス漏れがあり、気づかずバーナーを使って、爆発するような大事故もあったよ」

 解体所近くの集落に住む労働者は、過酷な作業環境についてそう語った。

 2016年6月末、私はバングラデシュ最大の港を擁する海港都市チッタゴンを目指していた。

 アジアのなかでも面積の小さい国として知られていることもあり、移動時間は短いだろうとタカをくくってしまいそうなところだが、首都ダッカから陸路で8時間はかかる。さらに、世界最悪ともいわれる交通渋滞を乗り越えて行かなければならない。

 どうして、そんな苦労をしてまでチッタゴンを目指したのか。ここには「船の墓場」と呼ばれる場所があるからだ。

 世界中から大量の廃船が集められ、日々解体作業が行われているのだ。まさにその名にふさわしい場所といえるだろう。しかも、巨大なタンカーや客船を重機など使わず、ほぼ人力だけで解体している。作業には危険が伴い、死亡事故も起きるそうで、「世界一危険な仕事場」などと呼ぶ人もいるほどだ。

 危険がないと生きていけないデンジャラスジャンキーではないが、ここまでのヤバい条件が揃った場所を取材しない手はないというぐらいには考えてしまう。

 また、世界有数のファストファッションブランドが、人件費の安さと質の高さに目をつけて以来、アパレル産業はこの国の労働環境を変える一大ブームになっていた。

 発展著しいバングラデシュを見ておくことは、今後のアジアの動静を考えるうえで欠かすことのできない要素だろう。

 チッタゴンの街の中心部に向かう道路沿いには、見慣れない金属や部品が並んでいる。

「船から運びだされたリサイクル品ですよ」

 車窓から不思議そうに眺めていると、通訳兼案内人のPさんが教えてくれた。言われて見れば、船の外壁の一部と思われる鉄板やエンジン、階段、イカリなどの巨大な金属塊が並んでいるのがわかる。また、キッチンのシンクや便器だけを扱う〝専門店〟も存在していた。専門に扱う店があるということは、流通経路が細分化されたうえに、ある程度はシステマチックに機能しているというのがうかがえる。

 バングラデシュ国内の鉄鋼生産の半分は、船から取り出された鉄のリサイクルでまかなっているといわれている。船の解体は鉄の需要をまかなう一大産業であると同時にチッタゴンの街を支える最大の収入源となっているのだ。

「〝解体所〟が近くにありますよ」
 Pさんが教えてくれた。

「見に行きますか?」
「もちろん」

人が豆粒のようだ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

丸山ゴンザレスによる世界の見方を変える旅行記は7月26日発売です!

この連載について

初回を読む
世界の”ヤバい”場所に行ってみた

丸山ゴンザレス

世界中の「ヤバい場所」を巡る、いまいちばん“トガってる”旅番組『クレイジージャーニー』の丸山ゴンザレスが、世界の見方を変える旅にお連れします!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

OsamubinLaden 『クレイジージャーニー』見たぜ 2年弱前 replyretweetfavorite