第9回】「GLBT」への現実的対応とサポート 日本IBM、シスコ

2011年4月、日本IBMは結婚祝い金の支給範囲を、一気にGLBT(同社におけるLGBTの表現)当事者や事実婚にまで拡大。同社で最初のGLBT社員が認知されたのは03年だった。また米シスコシステムズも、GLBTを大切にする企業の代表的存在だ。同社は人材の多様性を促進することで、新たなサービスや製品の開発につなげる「インクルージョン&ダイバーシティ(I&D)」を世界的に進めている。

 2011年4月、日本IBMは、「結婚祝い金」(3万円)の支給範囲を、これまでの男女の結婚から一気にGLBT(※)当事者や事実婚にまで拡大した。ただし範囲を広げた代わりに、2回目以降の結婚は適用外。実に現実的な対応だ。

 同社で、最初のGLBT社員が認知されたのは03年だった。翌04年に東京でGLBTのグローバル・ミーティングを開催し、08年には「ダイバーシティ委員会」が立ち上がった。大歳卓麻社長(当時。現最高顧問)の肝入りのプロジェクトとして、計五つあったテーマの一つに「セクシャル・マイノリティの尊重」が含まれた。

日本オリジナル版の社内啓蒙ポスター。制作には、GLBT当事者が関わっているという

 その流れを汲み、現在も、GLBT社員がより高いパフォーマンスを発揮するために、(1)あらゆる層の社員がGLBTに対して正しい知識を持つこと、(2)世界各国で認知されたGLBT社員の数を増やすことに主眼を置いた施策が採られている。もとより世界規模での全体最適を目指すIBMでは、商習慣や働き方を含めた“世界統一化”が現在進行中だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

国内市場5.7兆円 「LGBT(レズビアン/ゲイ/バイ・セクシャル/トランスジェンダー)市場」を攻略せよ!【3】~日本におけるLGBT最新事情

週刊ダイヤモンド

LGBT先進国の米国には遅れているが、日本でもLGBT市場を意識した動きが出てきた。まだ、どうしてよいかわからない企業が多い中で、一歩先を行く企業はどのように考えているのか。 本誌・池冨 仁、臼井真粧美、柳澤里佳、片田江康男(ダイヤモ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tmksmplchc ちょっと古い記事だが、日本でも外資系企業では、こうした取り組みが進んでいるんだな。 「GLBT」への現実的対応とサポート 日本IBM、シスコ| 約3年前 replyretweetfavorite