恋愛でキャリア女子が陥りがちな「罠」を回避する

「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっとも人の心に精通している、メンタリストDaiGoさんが贈る『ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋』の内容を、長期特別連載いたします。



自分のハードル上げすぎの罠

 キャリア女子が「恋を忘れがち」「結婚が遠のきがち」になる理由のひとつは、恋愛に対するハードルを上げすぎていることです。
 そのわりにいざ恋愛が始まってしまうと結婚に対するハードルは非常に低い。

 これについては、若い女性でもそういう傾向が強い人はいますが、20代半ば~30歳にかけて、だんだん強くなるのが一般的です。なかなか好きになれる人がいない、と選り好みはするものの、いざ付き合うといきなり「結婚」に突き進もうとしてしまう。女性の場合は妊娠・出産の年齢的な限界があるため、どうしてもそうなってしまいがちです。
 しかし、男性の生殖能力は、医学的には生きている限りなくなることはありません。そして動物として本能的に、相手には常に「若い元気な雌」を求める。しかも「できるだけ多くの子孫を作ろうとする」のも男の本能です。だからこそ男性は「恋愛のハードルは低い」のです。

 要は「一生若い女の子たちとたくさんセックスして多くの子孫を増やしたい」という本能に従うため「あんまり長く付き合いたくないけど、セックスだけならOK」「結婚なんてとんでもないけど、ベッドの上だけでお付き合いしたい」というケースが多くなるのが当然ということ。
 しかし女性にとってはもともと「恋愛」と「結婚」はその距離が近く、さらに30代になると距離はさらに近くなり、ほぼイコールになってしまいます。「これを逃したら次がないかもしれないから、絶対ゴールまでもっていく」という意識がバリバリになりがちです。これに気づくと男性は警戒心を強めて離れて行こうとし、女性から見れば「遊ばれた」「逃げられた」ということになってしまうのです。

「遊び慣れている男が好き」という罠
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

続き・全文を見たい方はこちら!恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊!

この連載について

初回を読む
ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋

DaiGo

恋を忘れかけていませんか? 「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 3年以上前 replyretweetfavorite

tatsumi_kikaku 公開しました!|[今なら無料!]恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊! 3年以上前 replyretweetfavorite