横須賀の盛り場に伝説の〈流し〉を探して【横須賀・若松マーケット】

数々の街歩き取材を重ねてきた、ライター兼編集者のフリート横田氏。2020年の大イベントを前に、東京周辺の街が大きな変貌を遂げつつあることを肌で感じているといいます。その危機感から始まった本連載。
第八回は、東京から少し離れた場所にある硬派な酒場へ。そこに流れ着いた唯一人残る<流し>の波乱万丈な生き様について。


夕暮れの横須賀。
まだ灯りをともさないネオン看板が並ぶ飲み屋横丁を抜け、約束の場所までやってくると、男性が一人、こちらに背を向けて立っている。パリッとした紫のシャツを着こみスラックスのポケットに片手を入れたまま、ゆっくりとタバコをくゆらせている。白髪交じりの髪は短く刈り込まれ、年配の方なのだが、凛とした佇まいである。

「おう、来たか」

こちらが挨拶するなり振り向いたのは、〈流しのカズさん〉。

筆者は約束の時間に出向いたが、カズさんはずいぶん前から待ってくれていたようだ。
こちらは名刺を渡したが、カズさんは名刺を持たない。横須賀の酒場なら、名乗るだけで顔が利く。この方、横須賀に唯一人残る、〈流し〉なのである。



(撮影:三輪友紀)

いや、横須賀に限らず首都圏でも、歴史的存在としての〈流し〉は、もうカズさんしかいないのではないだろうか
(東京では恵比寿などに若い流しの方もいるようだが、後述する、「戦後の盛り場から生まれた流し」は、他にいたとしてもおそらく、お一人かお二人くらいだろう……)。

ここは、横須賀・若松マーケット。終戦後に生まれたヤミ市がルーツの、古く、それだけに味のある、くねった路地が続く飲み屋街だ。
名物の「横須賀ブラジャー」を飲みながら、カズさんに話を聞いた(ブランデーとジンジャーエールのカクテルだから「ブラジャー」。ちなみに、筆者は無理くり作ったご当地メニューにあまり惹かれないが、これは素直に旨いしアリだと思う。何より、地元の常連客たちがよく飲んでいるのが、好ましく思える)。


カズさんまで続く〈流し〉の系譜は、
終戦後の盛り場から始まった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2020年五輪の話題が「光」なら、消えゆく昭和の風景は「翳」。まぶしい光でなく翳にこそ惹かれる、そんな人々に向けた渾身の一書!

この連載について

初回を読む
東京ノスタルジック百景 シーズン2 ~今見ておきたい昭和の風景

フリート横田

ライター兼編集者として、数々の街歩き取材を重ねてきたフリート横田氏。著書『東京ノスタルジック百景』からのcakes連載が好評を博し、満を持して書き下ろしの連載がスタート。2020年の大イベントを控え、急激に変化しつつある東京。まだわず...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fleetyokota ヤミ市から生まれた盛り場には、「流し」がよく似合う。 4ヶ月前 replyretweetfavorite