それでも僕は、外科医をやめない

結婚指輪売り場に行くたびに大汗をかく私の「名残りコジ」話

今回の雨月氏は、指輪の話。結婚して指輪を左手の薬指にするのは、古代ギリシャの昔より左薬指と心臓はつながっていると考えられており、そのため指輪をすれば、パートナー同士、心と心をつなげる効果があると信じられているためだそうです。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

先日は九州でひどい豪雨が降り、多くの方が被害を受けましたね。こんなに科学が発展しても、あの様な豪雨を予測することは出来ず、毎年甚大な被害が発生するのです。案外科学ってまだまだなのかもしれませんね。

全国的に梅雨が明け、またあの季節がやってきました。私はというと、病院の中を歩いていても汗が吹き出すので、白衣を半袖にしようかどうかなどと迷っております。

さて今回は、結婚指輪にまつわるお話。ここのところ結婚の話が続いていますが、なぜなら私が結婚したことにより美女との会食の機会が激減したためです。お察しください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

komachibypass ハリーウインストンといえばスタッシーwww : 1年以上前 replyretweetfavorite