夏のスペシャル、うま酸っぱい、具沢山の味噌汁とは!

夏でも燗酒の晩酌は欠かせない、日本酒好きのイナガキです。酒の当てには、具だくさんの汁ものが欠かせない。温かい汁をいただけば、からだがすーっとリラックス。冷たい肴では、こうはいきません。いろいろな具を入れれば、素材のうまみが複雑にからみあって、出汁いらずでおいしい一品に。味付けは塩でも醤油でも、もちろん味噌でも。夏には、酸味のある具がまたぴったり!

メーンが味噌汁ですがそれが何か?

 みなさまこんにちは。いやー暑くなってきましたね! 暑いとやたらと酸っぱいものが食べたくなるイナガキです。

 さて、今週も味噌汁の話題。
ただし付け合わせではなく、メーンとしての味噌汁。

 実は私、晩酌は「味噌汁だけ」で済ませることも少なくありません。

  なーんていうと「えーっ」と思われるかもしれません。どんだけ手抜きなんだと。あまりに質素すぎやしないかと。しかしですね、実は全く驚くようなことじゃない。
 たぶん「味噌汁」というからいけないのです。

 「今日のメーンは具沢山の野菜スープだよ~」。そう言われれば「えーっ」と言う人は大幅に減るのではないでしょうか。むしろ、なんだかとってもオシャレな感じ。

 で、このスープをですね、味噌味にすれば「味噌汁」となると。

 私は個人的に味噌好きなのでたいがい味噌を溶き入れるのですが、もちろんお好みで塩味でも醤油味でもいいのです。さらにあれこれと残り物のスパイスなど入れれば、たちまち異国風となる。
 つまりは「スープで晩酌」ってことですね。最初からそう言えばよかったか(笑)。
 しかし、しつこいようですが、そこに味噌を入れることを恐れないで欲しいのです。味噌汁だって立派なスープの一つであると、味噌汁の地位向上のために声を大にして言いたかったのでありました。

出汁いらず手間いらず

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アフロえみ子の「自由メシ!」

稲垣えみ子

アフロで無職で独身の、稲垣えみ子53歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、超低予算ながら、本人はいたって満足。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? レシピ本不要、作り置き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません