やらない理由

浮気はしたいが、浮気をされるのは嫌

第16回は「浮気」ジレンマ。愛する人にやられては絶対に嫌なことなのに、自分のことを完全に棚に上げて、願望が芽生えてしまう……その代表が浮気ではないでしょうか。胸をはって浮気経験者といえる方も、願望をギリギリのところでおさえてらっしゃる方も、カレー沢薫氏の当コラムを参考にいまいちど浮気と向き合ってみてください。きっと新境地が開けるはずです!

一大ブームに乗る必要性

今回のテーマは「浮気はしたいが、浮気をされるのは嫌」である。

今まであまたの「クソかよ」としか言いようのない寝言に挑んできたが、今回は擁護すればするほど私の株まで下がりまくるという罠(わな)みてえなテーマである。

浮気をすることに関してはさすがに肯定できない。友人が「浮気してしまうかも」と言ってきたら「よせよ」と言うだろうし、どうでもいい奴が言ってきたら「好きになっちゃったならしょうがないよね!ガンバ!ガンバ」と両拳を激しく上下させながら言うだろう。

だが、しょせん、言い訳と屁(へ)理屈、自己弁護しかない当コラムだ。「自分がされて嫌なことはするべきではない」とか「相手を愛しているなら浮気などできないはずだ」みたいな、人肌に温められたコーラみたいなことを言っても仕方がない。

この際相手のことはどうでもいい、100兆%自分のことだけ考え、自分を愛で、prprしよう、そして己の唾液まみれの顔を夕日に照らされながらこう思うのだ。「200兆%自分のために浮気はすべきではない」と。

浮気といっても色々あるだろう、本当に遊びから、本気、結婚した後に運命の人と出会ってしまったということもあるかもしれない。しかし、他人から見ればどれも同じなのだ。おばあちゃんから見た、ジャンプ、マガジン、サンデーぐらい全部同じ「浮気」なのだ。

そして昨今の空前の不倫ブームを見てわかるように、我が国にとって、他人の浮気、特に不倫は、どんな重大ニュースを差し置いてでも報道すべき事件なのである。何故なら、みんなミサイル発射より他人の不倫に関心があるからだ。そして当然だが不倫した方が叩かれる、しかしその叩(たた)かれ方は56人ぐらい殺したのかと言うぐらい苛烈だし、もちろんその不倫が、浮気だろうが本気だろうが運命だろうが叩く側には関係ない。

相手のためではなく、自分のための決断
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sikafuji "脳内なら浮気も不倫も全て無罪だ" 心強い至言。 妄想で誰に抱かれようと誰を抱こうと何人はべらせようと自由だ。誰も傷つかない。脳内恋愛サイコー。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

leonidas32 妄想の重要な役割。…… 2ヶ月前 replyretweetfavorite

kita_sayaka 「ドバイのビーチで婚外性交渉の罪に問われ日本人男女が逮捕」のニュースを聞いて思い起こすのは、カレー沢薫氏の“おばあちゃんから見た、ジャンプ、マガジン、サンデーぐらい全部同じ「浮気」なのだ”ってフレーズ。ドバイの警察から見てもそうだ… https://t.co/CF6AnkYxKe 2ヶ月前 replyretweetfavorite

lepre_studio_jj 「この女とヤりたいと思った瞬間には抱き終わっていなければいけない」という、プロシュート兄貴のような人材 兄貴 最高 私の中の全ギアッチョが融けた 2ヶ月前 replyretweetfavorite