ビットコインはゲーム内通貨の発展形?

こんにちは。大塚雄介です。ビットコインって何なの? どんな仕組みになっているの? わたしたちの生活にこれからどう関わってくるの? といったことについて、ムズかしい専門書を読まなくてもわかるよう説明していくこの連載。これまでの連載では、ビットコインと現金やクレジットカードとの違いをみてきました。それでは、「デジタルなお金」の電子マネーやゲーム内通貨とどう違うのでしょうか?

ビットコインは電子マネーとどう違うの?

電車やバスでの移動で「Suica」や「PASMO」など交通系電子マネーを使っている人は多いと思いますが、日常的な支払いの場面でも、セブン&アイの「nanaco」やイオンの「WAON」をはじめとした電子マネーの利用が進んでいます。

レストランやショッピングなど、数千~数万円の支払いではクレジットカードを利用するという人でも、コンビニでの支払いや毎日のランチ代など、数百円程度の支払いでは電子マネーを使うという人が増えているのではないでしょうか。

電子マネーは、細かくいうと「先払い(プリペイド)方式」と「ポストペイド(後払い)方式」に分けられますが、どちらにしても「電子マネー」というくらいですから、「デジタルなお金」であることには違いありません。では、「デジタル通貨」であるビットコインと、「デジタルなお金」である電子マネーはどう違うのでしょうか。

物理的なカードがない

いちばんわかりやすい違いは、ICカードがあるかどうかです。スマホや携帯電話で使う「モバイルSuica」よりも物理的なカードの「Suica」を持つ人が多いように、電子マネーは非接触型ICカードとセットで普及しています。お店のレジ横や食券購入機に設置された端末に、ICカードをかざして支払います。

ビットコインには物理的なカードはありません。取引所が用意した「ウォレット」のアプリをスマホに入れて使います。つまり、お店がウォレットアプリに会計額を入力して「アドレス」を取得、そのアドレス宛にみなさんがビットコインを送金すれば、支払い完了です。アドレスをQRコードでやりとりすれば、手持ちのスマホでQRコードを読み取るだけでいいので、操作自体は簡単です。「おサイフケータイ」や「Apple Pay」のように、スマホを端末にかざす必要もありません。

国境がない

日本国内にいる限り、電子マネーとクレジットカードがあれば、たいていの支払いはできますが、海外へ行くと、日本の電子マネーはまず使えません。

しかし、もともと国が管理していないビットコインには国境がないので、サンフランシスコやニューヨークでも、日本国内にいるときと同じように利用できます。むしろ、ビットコインを実店舗で使うチャンスは、米国西海岸や東海岸のほうがずっと多いといえるでしょう。

また、国内にいても、オンラインショッピングやネットサービスなど、インターネットを通じた支払いでは、徐々にビットコインを利用できるECサイトが増えています。

単位が「円」なのか、「BTC」なのか

さらに、本質的な違いは、ビットコインは独立した「通貨」であるということです。

ビットコインの単位は「BTC」ですが、「Suica」や「nanaco」の単位はあくまで「円」。つまり、電子マネーというのは「円」や「ドル」の代替手段にすぎません。それに対して、ビットコインは円やドルと交換可能なお金そのものです。そこが、電子マネーやクレジットカードと根本的に違います。

また、電子マネーはJR東日本(Suica)、セブン&アイ(nanaco)、イオン(WAON)など、特定の企業が発行しています。ビットコインには中心的な発行体がなく、参加メンバーによる民主的な運営に委ねられているので、そこも大きな違いです。


ビットコインはポイントやゲーム内通貨とどう違うの?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本記事は、書籍『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』(ディスカヴァー刊)の内容を一部抜粋、編集して掲載しています。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-03-24

この連載について

初回を読む
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介

cakes読者のみなさん、はじめまして。大塚雄介です。ふだんは、仮想通貨交換取引所「coincheck」や、ビットコイン決済サービス「coincheck payment」を運営しています。ところで、最近ネットなどのニュースでビットコイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません