私のものだ」左ききのエレン|53話

前回、園宮千晶の「答え」を引き出し、園宮製薬のリブランディングの方向性を固めた光一たち。「照らす側の人生」を歩み始めた彼を待ち受ける、次なる運命は……?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
左ききのエレン

かっぴー

天才になれなかったすべての人へーー。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だが……。「フェイスブックポリス」で一躍話題になったかっぴーさんが挑戦する、初の長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nora_ito ララランドのイベントで話した「意識して台詞を減らしてる」が一番色濃く出てるのは、この回です。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

karinrin_chu 「苦しみそのものが表現」 「この苦しさは私のもの」 休載後だからこそ、よりひと言が重く感じられる。特にこの2つは、かっぴーさんの心の声なのかな、と思ってしまったり。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

SHIMBA_KAZUYA きっと表現している人の苦悩。 休載されたからこその回な気がした。 来週も楽しみです。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

molipy 再開した「左ききのエレン」を読んだ。正確には配信日にすぐに読んだもののその凄まじさに慌て、心を落ち着かせ、この週末に再度読んだ。更新を止めざるを得なかった、かっぴーさん自身の表現の物語だった。 4ヶ月前 replyretweetfavorite