ツチノコだ。気持ち悪いから捨ててきな!

もらった野菜にくっついていた翡翠色の可愛いアオムシ。きれいなチョウになることを期待して金田さんのアオムシ飼育が始まりました。アオムシは、無事モンシロチョウになることができるのでしょうか!?

輝く翡翠色のアオムシ

畑では害虫でも、野菜にくっついて家まで来れば、もうそれは同じ星に生きる友だちだ。

アリ一匹でも殺さず逃がす私のもとに、ある日、翡翠色のキュートなアオムシがやってきた。

「このアオムシを飼いたい。家でチョウにしたい」

そう提案すると、めずらしく夫が承諾した。それどころか、名前までつけてくれた。

“シルビア・グリーンダイヤモンド・チンゲンサイ”

「シルビア」といえば、往年の日産車だ。

「グリーンダイヤモンド」は、「翡翠」の英語名がわからなくて思いついたらしい。

そして「チンゲンサイ」は、彼女のお里である。お隣のN村さんにもらったチンゲンサイにくっついてきたのだ。シルビアと名がついた以上、「彼女」でいいだろう。

「あなたはモンシロチョウなの?」

毎日キャベツを与え、私はシルビアの頭部をなでながら語りかけた。

「アゲハになると念じていれば、きっとかなうからね」

すると日が経つにつれ、彼女の様子が変わってきた。何を念じたのか、薄茶色に変色し、ぶよぶよと太ってきたのである。

これはモンシロチョウではなさそうだ。かといって、アゲハになる気配でもない。

夫は「ツチノコだ」と言い出した。「気持ち悪いから捨ててきな!」


シルビア・グリーンダイヤモンドという名が似合わない風貌になってきました。おまえ、いったい何者だ?

シルビア危篤

私は、当時書いていた菜園ブログにシルビアの写真を載せ、悩みを打ち明けた。すると菜園家の読者からこんなコメントがついた。

「鳥も食べないヨトウムシだと思う。恐ろしくまずいんだって」

ヨトウムシとは、菜園で嫌われモノのイモムシだ。ヨトウガというガの幼虫で、漢字で書けば「夜盗虫」。文字通り、夜に動き回って、野菜を盗み食う害虫である。


ヨトウガは、これによく似た「ヤガ」の仲間です。ヤガの仲間は、ダースベーダ―っぽいんですよね。

私はすぐさま反論した。

「ヨトウムシって、土の中で丸まっている不気味なイモムシですよね。シルビアは翡翠色だったんです。ヨトウムシなら昼は寝ているはずなのに、シルビアは起きてキャベツを食べてますよ」

もちろん、ネットでヨトウムシを画像検索もした。

「うーむ……」

似ていなくもない。けれど、そっくりでもない。

「きっと茶色系のチョウの幼虫に違いない」

私はそう信じ、夫に隠れてシルビアを飼い続けた。

するとまもなく、彼女は急に体を縮め、お尻から汁を出したのである。慣れない環境で、神経性の下痢になってしまったのだろうか。

「シルビア危篤!」

その一報に、ブログの読者からまたもコメントがついた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シロウト夫婦のズボラ菜園記

金田 妙

毎日、採れたての新鮮な野菜が食卓にのぼる。そんな生活に憧れる人は多いのではないでしょうか。自分で野菜を作れればよいけれど、畑はないし、仕事は忙しいし、週末は遊びたいし…。それでも、思いきって家庭菜園の世界に飛びこんでみたら、おもしろい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません