心のベストテン

大きなお尻の「ビッチ」、ぽっこりお腹の「可愛い」!

今回の心のベストテンは、悲しみを歌うイギリスのバンド、ロンドン・グラマーや、コンプレックスを武器にするガールズ・バンドCHAI、フィメール・ラッパーのMARIAなど、おふたりの推し曲を洋楽から邦楽まで幅広くご紹介します!
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

裏側の世界で悲しみを歌うロンドン・グラマー

柴那典(以下、柴) 今回もまずはそれぞれの推し曲の話をしていこうと思うんですけど、ロンドン・グラマーってバンド知ってます? これが最高なんですよ。

大谷ノブ彦(以下、大谷) お、知らない。誰ですか?

柴 イギリスのノッティンガム出身の3人組なんですけど、とにかく何を歌っても悲劇になってしまうんです。MVはロンドンのラウンド・チャペルという教会でライブをやったときの映像で、曲名が「Hell to the Liars」、つまり「嘘つきは地獄に落ちる」という曲。

大谷 すこし讃美歌のような雰囲気もありますね。

 そうそう。6月に出たアルバムは『Truth Is a Beautiful Thing』。つまり「真実は美しい」というタイトルで、表題曲もすごくダークで悲しい感じなんです。歌詞を読むと、どうやら亡くなってしまった人に思いを馳せるような内容になっている。

柴 そして、ボーカルのハンナ・リードの声がいいんです。ただ歌が上手いだけじゃなくて、この声で歌うからこそ全部の曲に神話のような悲劇性がある。

大谷 いわゆる被害者というか、傷を負ってしまった人の立場の歌ってことですよね。

 そうなんですよ。で、こういうタイプの音楽って、今の時代だと”裏側”だと思うんです。メインストリームには、打ちひしがれるような悲しみを歌う人が全然いない。たとえばカルヴィン・ハリスの『ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol.1』は間違いなく今年を代表するアルバムで、めっちゃ最高なんですけど、基本的にはご機嫌なアルバムですよね。

大谷 そうですね。快楽的というか。

 夕焼けのビーチでかかってたり、ドライブのBGMにしたり、基本的には「楽しもう。人生、いい感じだぞ」というムードの音楽なんですよ。そういう人生の表通りに似合う音楽がシーンを席巻している一方で、孤独を抱えて泣き濡れてるような人たちは全員ロンドン・グラマーを聴いてほしい。

大谷 PJハーヴェイとかパティ・スミスと雰囲気は似ているんですけど、またちょっと違う声色というか。

 そうですね。一番近いのはポーティスヘッドだと思います。かつて90年代にポーティスヘッドがやっていた憂鬱と悲しみの音楽を、今の時代に新しいスタイルでやっている感じがします。

コンプレックスは武器! ありのままをさらけ出すCHAI

大谷 僕のイチオシはCHAIっていう名古屋の女の子のバンドなんですよ。彼女たちの何がすごいって、自分の欠点をめっちゃ見せるんです。

 というと?

大谷 たとえばボーカルとキーボード担当のマナちゃんってお腹が出ているんですって。そしたら、そのお腹がパンパンに膨れている状態をアー写に使う。ありのままの自分を出すっていうのが、自分たちの武器だっていうんです。


CHAI - Official Website

 自然体のほうがむしろかわいいってことだ。

大谷 世の中の「かわいい」に合わすんじゃなくて、自分たちが「かわいい」と思ったことを追求してる。それが認められるから、どんどんやりたいことができる。それってすごく今の時代にあっているなって思うんです。

 なるほどなあ。

大谷 「sayonara complex」という曲がまさにそういう曲なんですよ。そういう「コンプレックスなんて武器でしかない」っていうメッセージが詰まっている。

大谷 正直、そこまでルックスがいいわけじゃないですよ。美人ではない。でも4人が楽しそうにしているのがすごくキラキラしていていいなと思うんです。あと、もう一つ大好きな曲に「ボーイズ・セコ・メン」というのがあって。

大谷 これ、「彼氏にしちゃいけない3B」というのをテーマにした曲なんです。

柴 えっと、バーテンと、美容師と、バンドマンでしたっけ?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nijuusannmiri “でもポップスターはそれとは真逆なんですよ。ポップスターは、みんなに「いいね!」をあげる人なんです。” 2ヶ月前 replyretweetfavorite

tks564bys 《コラム》 3ヶ月前 replyretweetfavorite

macanical13 コンプレックスを武器に出来るって絶対に簡単ではない。それとあっこゴリラは昨日の動画でツボ過ぎる笑 3ヶ月前 replyretweetfavorite

Coffy10123 MARIAさん・COMA-CHIさん・あっこゴリラさんの話が一番興味深かったです!! ⇒ 3ヶ月前 replyretweetfavorite