第2回】図解でわかるLGBT 米国編

LGBT専門のリサーチ&コンサルティング会社である米コミュニティ・マーケティング・インクが、米国のLGBTを調査。一般的な米国民と比べて高いスマートフォンの保有率をはじめ、その実像が浮かび上がってくる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
国内市場5.7兆円 「LGBT(レズビアン/ゲイ/バイ・セクシャル/トランスジェンダー)市場」を攻略せよ!【1】~LGBTの“夜明け前”

週刊ダイヤモンド

欧米では、古くから「LGBT」(性的少数者の総称)という一大消費市場が存在する。これまで日本では、彼らの消費性向の高さが着目されることはなかった。だが、昨今では米国のオバマ大統領が同性結婚を支持したことで、関心が高まっている。“夜明け...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません