iPhone 5 ブラック&ホワイトのモックが到着:週間リスキー

 週間リスキー編集局には怪しいモノが次々と届き、週刊アスキー編集部から白い目で見られておりますが、とうとう店頭モックなるモノを入手してしまいましたのら。

 もちろん、海のモノとも山のモノとも宇宙のモノともわかりまへん。たぶん中国のモノだけど。

ブラック&ホワイト

↑正面から見ると、縦長になった以外、デザイン的に大幅な変更はなさそうです。奥さんは無理でもお母さんはごまかせるかな。

裏面

↑リンゴマークはない(もちろん、本物はあるでしょう)。もはや有名なツートン仕様になってますが、これはアップルによるダミーで実は本物はツライチだなんて情報も……。

話題の新ドック

↑あとイヤホン端子も下部になってますね。側面のカラーもブラックとホワイトでそろえてあるようです。

iPhone 4Sと比較

↑1センチくらい背が異なっております。

乗せてみた

↑iPhone 5とされるモノのほうが若干薄くなっております。ボタン類の位置関係に変更はない模様……。

下部を比較

↑スピーカーの形状も変わってますね。

 仮に、ですよ(まぁぜんぶ仮のハナシですが)コレが新しいiPhoneのサイズだったとして、果たして使い心地的には変化ありそう的なカンジかしらと。てなわけで、ニギニギしてみましょうよニギニギ。

 

 オッペンハイマーは手が大きいほうなのですが、それでも画面上のほうは片手操作は厳しそうかな~って言ったら、編集長に「どうせ画面の上のほうなんかそんなタッチしないじゃん」って言われました。そか……。てか、そもそも片手であんま使わないのかな。どうなの? みんなたちは……。

 さて、この怪しいモックんですが、以前ご紹介しました大手アクセメーカーのケースに入るかしら? というわけで、緊急装着実験でございます。

ピッタシカンカン

(オレ、ハタチっす!)

 

 ん、ボタン類、カメラのくり抜き位置もドックの部分の完全に合致しておるな……。っても、もちろん、そろってアレなのかもしれんし、iPhone 5はBlackBerryみたいな形状で全世界を震撼させてくるかもしれない。とにかく、12日を待つのじゃ。って、もう来週じゃん。なんで待てないの?

<次回予告なの>

↑これは何ナノかしら?

ACCN

週アスPLUS:iPhone5まとめ:新iPhoneは縦長薄型デザインで発売間近?

週刊アスキー

この連載について

初回を読む
週アスニュース&トピックス

週刊アスキー

cakes向けに、週刊アスキー編集部が運営するニュースサイト『週アスPLUS』の最新デジタルニュースとトピックスを厳選してお届け! 最新ガジェットからネットサービス、サブカルまで幅広いジャンルからピックアップしていきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード