第19回】死と生の科学 臨死体験って本当ですか

死に直面したときに、人体では何が起きているのか。その答えにつながりそうなのが、臨死体験の研究だ。科学は“死の瞬間”を解き明かすことができるのか。

 心臓が止まって、真っ暗で、苦しい状態で倒れていました。そのときはまだ体の中にいる感覚はあったのですが、次の瞬間、飛び上がっているんです。そして、斜め上から自分の顔を見ている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
どう生きますか 逝きますか 死生学のススメ

週刊ダイヤモンド

親の介護から、墓・葬式選び、終末期医療まで、さまざまなステージの「死」とどう向き合うのか。生死の体験は働き方にとってどんな意味を持つのか。哲学から宗教、医学、そして科学まで、さまざまなアプローチで死と生を学ぶ死生学入門をお届けする。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません