第17回】米人気俳優が認知症で自殺 欧州一部は「安楽死」合法化

米国のコメディアンでオスカー受賞俳優のロビン・ウィリアムズが2014年に自殺し、検死の結果、レビー小体型認知症(DLB)に苦しんでいたことが判明した。米DLB協会によると、米国で約130万人がDLBに罹患しており、アルツハイマー型に次ぐ一般的な認知症だ。

 米国のコメディアンでオスカー受賞俳優のロビン・ウィリアムズが2014年に自殺し、検死の結果、レビー小体型認知症(DLB)に苦しんでいたことが判明した。米DLB協会によると、米国で約130万人がDLBに罹患しており、アルツハイマー型に次ぐ一般的な認知症だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
どう生きますか 逝きますか 死生学のススメ

週刊ダイヤモンド

親の介護から、墓・葬式選び、終末期医療まで、さまざまなステージの「死」とどう向き合うのか。生死の体験は働き方にとってどんな意味を持つのか。哲学から宗教、医学、そして科学まで、さまざまなアプローチで死と生を学ぶ死生学入門をお届けする。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません