​年収1000万円超えの男性は40~50代になっても20代女性を好む

「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっとも人の心に精通している、メンタリストDaiGoさんが贈る『ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋』の内容を、長期特別連載いたします。


年収1000万円超えの男性は40〜50代になっても20代の女性を好む

 結局、まだ本人のキャリアは浅い20代半ばぐらいまでに、年収500〜600万円の男性を捕まえてしまうのが、「作戦」としては、難易度が低いということです。
 というのも、30歳前後の悩める女性に追い打ちをかけるようですが、男性は、どんな調査を見ても「パートナーとして求める女性」は「年下」です。積極的に「年上のほうがいい」という男性は、全年代で10%以下です。ところが、女性は全年代、もっとも多いのは「年上希望」。

 これは単なる「慣習」や「伝統」「社会的な常識」ではありません。本来の男性の「任務」とは、生殖によって子孫を増やすことです。その相手としての女性に、生殖能力が高い、つまり「若い女性」を選ぼうとするのは生理学的な正解であり、本能的な理由なのです。それを見分けるサインとして、元気で明るく健康的な女性を探そうとするのです。
「若さ」の最大の指標となるのは、「肌のきれいさ」と言われています。ドイツのゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンのベルンハルト・フィンク博士は、科学サイトLiveScience の取材にこう答えています。「外見の魅力は少なくとも初対面では恋人びにおいても重視されます。そのなかでも女性の肌の状態は、その人の容姿の魅力を判断するうえでもっとも重要なシグナルです」。フィンク博士の研究によれば、男性も女性もシミやそばかすの少ない肌、血色のいい肌が好まれます。

 つまり、30歳近くになっても、肌や体型などについてまったく何の努力もしなければ、30歳前後の女性は男性と付き合ううえで、また結婚するうえで20代前半の女性よりも「不利」なことは間違いないのです。

男性は女性に「年収の高さ」を求めていない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

続き・全文を見たい方はこちら!恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊!

この連載について

初回を読む
ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋

DaiGo

恋を忘れかけていませんか? 「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ora109pon 年収1000万円超えの男性は40~50代になっても20代女性を好む | 3年以上前 replyretweetfavorite

moxcha えっと、恋愛工学とかの弟子でしょうか? 3年以上前 replyretweetfavorite

marekingu 年収1000万円超えの男性は40~50代になっても20代女性を好む https://t.co/Szp0mYynYW #スマートニュース 3年以上前 replyretweetfavorite

ryuzo_takahashi DaiGoさんモテるだろうね。 年収1000万円超えの男性は40~50代になっても20代女性を好む|DaiGo @Mentalist_DaiGo | 3年以上前 replyretweetfavorite