こんな俺でも今ならデヴィッド・ボウイの気持ちがよくわかる

子育ては、この世で一番ハードでクリエイティブなワークだ! 無頼のハードボイルド作家である樋口毅宏さんが、いつのまにか専業主夫になってしまった男の子育て日記『おっぱいがほしい』を特別掲載します。 美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまを〝満足させ〟つつ、あらゆる家事と育児を「完璧に仕切る」ファンキーな毎日のはじまりです。

2016年5月9日

 互いにエキサイトするあまり、妻とはよく離婚話が持ち上がる。そのときあちらは決まって昔話を持ち出してくる(女って何でいつまでも覚えているんだろう)。

 親しい編集者(庇っているのではなくマジで誰か忘れた)に、妻の職業とエピソードを伝えたら、「(仮に結婚したとしても、離婚するときは)身ぐるみ剥がされるよ」と言われた。それを悪気なく話したところ、今でも根に持たれている。

 妻にはこの「身ぐるみ剥がす」というのがひどく癪にさわるらしく、喧嘩をするたび蒸し返してくる。

 自分は男に頼らない、自立した女になるために猛勉強をして弁護士になったのに、まるで寄生虫のごとく、もっと言うと「金目当てに結婚をした」みたいに言われるのが悔しいのだと思う。

 もちろん僕は金持ちなどではない。『タモリ論』を上梓した年を除けば妻の半分しか年収がない。

 妻は金剛力士像のような顔で口走る。

「今後の養育費も要らないし、これまで掛かった経費も全額返す。ただし、一文かずふみ にはもう会わさない」

 妻は怒るだろうが、あえて言いたい。「身ぐるみ剥がされるよ」と言った人は正しかったと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おっぱいがほしい!—男の子育て日記

樋口毅宏

子育ては、この世で一番ハードでクリエイティブなワークだ! 無頼のハードボイルド作家である樋口毅宏さんが、いつのまにか専業主夫になってしまった男の子育て日記『おっぱいがほしい』を特別掲載します。 美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

picarinn わーい!続きが読みたかったんだ♡ 約3年前 replyretweetfavorite

pixiewired "むかしデビット・ボウイがインタビューで、「スーパースターの座を手にしたあなたでも後悔はありますか?」と訊かれて、「子供が幼い..." https://t.co/hrZasPjAVh https://t.co/cJNXRxi6j5 #drip_app 約3年前 replyretweetfavorite