第8回】[田坂教授の誌上講義] 覚悟を持てば才能が開花する つらい逆境は成長の糧となる

「死生観」をテーマに企業人への講話も行う知の巨人が、日々忙殺されるビジネスパーソンに、死を直視する意義を説く。

たさか・ひろし/1951年生まれ。74年東京大学卒業、81年同大学院修了。工学博士(原子力工学)。2000年より多摩大学大学院教授。世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Agenda Councilメンバー。元内閣官房参与。

 皆さん、厳しい競争の日々、そして、さまざまな逆境に直面し、仕事に忙殺される日々、働くことの意味を見いだせなくなっていませんか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
どう生きますか 逝きますか 死生学のススメ

週刊ダイヤモンド

親の介護から、墓・葬式選び、終末期医療まで、さまざまなステージの「死」とどう向き合うのか。生死の体験は働き方にとってどんな意味を持つのか。哲学から宗教、医学、そして科学まで、さまざまなアプローチで死と生を学ぶ死生学入門をお届けする。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません