渋谷音楽図鑑

カメラ・トーク』でロンドンへ!

『渋谷音楽図鑑』(太田出版)の第5章、疾走するフリッパーズと渋谷系へ続くストーリー。ロンドンでセカンド・アルバム『カメラ・トーク』をレコーディングしたフリッパーズ・ギター。先行シングル「恋とマシンガン」が大ヒット、オリーブ少女たちの声援を受けて、ついにフリッパーズは太陽として輝き始めたーー。

『カメラ・トーク』でロンドンへ!

 90年の1月にシングル「フレンズ・アゲイン」をリリースした頃には、初回出荷が3000枚だったファースト・アルバムの売り上げは、いつの間にか1万枚に達しようとしていました。六本木WAVEを筆頭に、都心の外資系レコードショップで話題になっていたのです。

 そして、90年5月にリリースされたシングル「恋とマシンガン」で、彼らの存在は世に知れ渡りました。『予備校ブギ』というドラマの主題歌になったことが、セールスを大きく押し上げたのです。

 ドラマ主題歌になったきっかけは、89年末、ふたりになったフリッパーズのミュージックビデオを作ったことでした。アルバムの売り上げが徐々に伸びてきて、新たに広告費を使えることになった。その予算を使い、信藤三雄と山口保幸にお願いしてクオリティーの高いミュージックビデオを作った。MTVを情報源にしていた当時の洋楽好きに届けようと考えたのです。

 それが萩原健太が司会をしていたTBS系の番組『MTVジャパン』でオンエアされて、すごく反応があった。そしてTBSのドラマ制作班が番組を観てフリッパーズに主題歌を依頼しようということになった。

 こうして彼らへの注目が高まる中、セカンド・アルバム『カメラ・トーク』の制作がスタートしました。

 僕が考えたのが、ロンドンでレコーディングをすること。当時、海外レコーディングというのは制作面でも宣伝面でも有効な手段で、加えて本人たちが望むミュージシャンたちとレコーディングするということに大きな意味があった。彼らはイギリスの音楽シーンに憧れているわけだから、ロンドンでレコーディングをすればいい。そう考えました。ふたりもモノクローム・セットやアズテック・カメラ周辺のミュージシャンを使いたいと言う。それは僕も賛成でした。

 曲作りはロンドン出発前の成田空港のホテルや到着後の列車の中でも続けるくらいギリギリでしたが、レコーディング・セッションは充実した体験になりました。ジョージ・マーティンの作ったロンドンの「AIRスタジオ」を使えたのも大きかった。というのも、ビートルズやポール・マッカートニーが録音するときにはどのマイクをどういう状態で使ったか、分厚いノートとフロッピーディスクに全部残っていた。そういう意味ではスタッフもすごく影響を受けました。

「恋とマシンガン」の成果

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷系へと続く、いまも終わらない「夏休み」の記録

渋谷音楽図鑑

牧村 憲一,藤井 丈司,柴 那典
太田出版
2017-07-05

この連載について

初回を読む
渋谷音楽図鑑

牧村憲一 /藤井丈司 /柴那典

シュガー・ベイブ、山下達郎、大貫妙子、竹内まりや、加藤和彦などの制作・宣伝を担当、80年代後半からはフリッパーズ・ギターをプロデュース。解散後は「トラットリア」を設立――。そんな音楽プロデューサー牧村憲一さんが「渋谷」で出会った音楽、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

POP_ID https://t.co/idPXOOz80X 約3年前 replyretweetfavorite

macobiscuit6969 オリーブ少女たちに熱烈な支持を集め、少年たちも魅力したフリッパーズの黄金期! 無料公開中→ 約3年前 replyretweetfavorite

wak_h 多分私は文中に出てくるオリーブの広告と、音楽ページをみてフリッパーズを知った。 約3年前 replyretweetfavorite

shiba710 “70年代の西海岸ブームの時代に竹内まりやの広告宣伝で『ポパイ』を重視したのと同じ考えです。今度は『オリーブ』の女性読者にフリッパーズが伝わるだろうと考えた。” 約3年前 replyretweetfavorite