晩酌歳時記

第十回・海苔

今年もらった誕生日プレゼントは燻製卵、塩、塩クッキー、日本酒、茶葉……そんな佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。黒胡椒で味付けしたおつまみ海苔もその一つ。自分の好みをよく理解してくれる友人がいるって、ありがたいですね。

 タイムマシンがあったら未来に行きますか、それとも過去に行きますか。その理由は何ですか。
 最近中学生向けの作文の教材でそんな設問を見かけて、つい真面目に考えてしまいました。どう考えても私は「過去」です。それも十九世紀初頭、文化・文政年間の江戸に行って、当時の海苔を食べたい。昔の海苔は今より香り高かったとか、もっと薄くて破れやすかったとか、東京湾で穫れた海苔は「本場もの」と呼ばれて他の「場違い」とは区別されていたとか、そんな話を聞いて何度ムラムラしたことか。一度でいいから、いや、できることなら二度三度、ありし日の江戸前の海苔を鼻に押し当ててみたいのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード