渋谷音楽図鑑

ペニー・アーケードとパステルズ・バッヂのふたり

昨日発売となった『渋谷音楽図鑑』(著=牧村憲一・藤井丈司・柴那典/太田出版)。第5章「渋谷系へ」、第3回となる今回には小山田圭吾と小沢健二が登場。1987年、場所は下北沢屋根裏。ふたりは手作りの「パステルズ・バッヂ」をつけていた――。

1987年の出会い

 1987年にペニー・アーケードは下北沢屋根裏というライブハウスでステージに立ちます。

 客は数十人。しかしそこにふたりの青年がいました。

 和光中学時代の同級生だった小山田圭吾と小沢健二です。『英国音楽』を見て彼らはペニー・アーケードの存在を知り、そのライブにパステルズのバッヂを手作りして持ってきていました。

 パステルズはグラスゴーのインディー・ポップ・バンドです。87年時点ではようやく1枚目のアルバムを出したばかり。一般的な知名度は決して高くない。それに、歌もギターも上手いわけではない。しかし、彼らの良さを認められるかどうかが、当時のネオアコ・ファンにとってのひとつの分水嶺になっていました。テクニック至上主義ではなく、演奏が下手でもセンスさえよければいい曲を作れるということの象徴でもあった。スコットランドの雪国出身でアノラックを着込んでいた彼らのような音楽は「アノラック・サウンド」と称されて徐々に愛好者を広めていきます。

 パステルズのバッヂを見たら、ペニー・アーケードや『英国音楽』周辺の人たちはひと目で気付く。おそらく30人くらいしかいなかったその集まりが、そこから32人になる。ここで小山田圭吾と小沢健二はようやく自分の居場所を発見できた。これが87年の頃のことでした。

パイドパイパーハウスとピチカート・ファイヴ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷系へと続く日々、その青春群像がここに

渋谷音楽図鑑

牧村 憲一,藤井 丈司,柴 那典
太田出版
2017-07-05

この連載について

初回を読む
渋谷音楽図鑑

牧村憲一 /藤井丈司 /柴那典

シュガー・ベイブ、山下達郎、大貫妙子、竹内まりや、加藤和彦などの制作・宣伝を担当、80年代後半からはフリッパーズ・ギターをプロデュース。解散後は「トラットリア」を設立――。そんな音楽プロデューサー牧村憲一さんが「渋谷」で出会った音楽、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

macobiscuit6969 フリッパーズはどうして誕生したのか? ふたりの運命の出会いも無料公開中! 3ヶ月前 replyretweetfavorite

shiba710 “客は数十人。しかしそこにふたりの青年がいました。和光中学時代の同級生だった小山田圭吾と小沢健二です” 3ヶ月前 replyretweetfavorite

cntstaff やっぱ「パステルズ・バッヂ」いい曲だなあ。ホント、青春の輝きって感じ(赤面)。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

chelseaguitar 「パステルズのバッヂを見たら、ペニー・アーケードや『英国音楽』周辺の人たちはひと目で気付く。おそらく30人くらいしかいなかったその集まりが、そこから32人になる。ここで小山田圭吾と小沢健二はようやく自分の居場所を発見できた」 https://t.co/qHjBlOabmQ 3ヶ月前 replyretweetfavorite