棋士とメシ

藤井四段のブームを生んだ「観る将」

空前の藤井ブームに沸く将棋界。若きスーパーヒーローを迎え入れる舞台は、有名無名の、多くの人たちによって整えられていたのです――現在における将棋対局のネット中継の基礎をつくり、食事の中継の提案も行った松本博文記者がつづる、藤井四段と将棋めしのお話。(写真はすべて松本博文記者の手によるものです)


(6月26日、史上最高の29連勝をかけて、対局に臨む藤井聡太四段)

 藤井ブームが、すさまじいことになってきた。そう言われはじめて、既に久しい。過去の中学生棋士の例を見れば、史上最年少の14歳2か月でプロになった藤井聡太四段は、それは強いに決まっているだろう。しかし、いきなりここまで現実離れした活躍をすると思った人は、ほとんどいなかったのではないだろうか。

 藤井ブームが一つのピークを迎えたと言えそうなのが、竜王戦決勝トーナメントで、藤井四段が増田康宏四段と対局した、6月26日。

 この日は朝から夜まで、将棋会館とその周辺は、報道陣や多くの藤井ファンなど、これまで見たこともないほどの、多くの人であふれていた。夕方、将棋会館前に姿を見せた、新任理事の森内俊之九段は、「こんなに人が来るのは初めてですね」と、笑っていた。

 そして藤井四段は、この日も勝利。デビュー以来負けなしで、将棋史上最高の29連勝をマークした。


(新記録達成直後の藤井聡太四段)

 これははたして、どれぐらいの快挙か。一言、二言で表現するのは、とてもではないが難しい。ともかくも、14歳の少年の活躍は、ネットやテレビ、新聞や雑誌で、大きく伝えられた。

 将棋会館の特別対局室が、この日ほど、狭く感じられたことはなかった。

 28連勝、29連勝が達成された日には、新聞各社が号外も発行している。

 現在の恐るべき藤井ブームと比較されるのは、今から二十年以上前、1990年代半ばの、羽生ブームだ。将棋界に現れた若き天才・羽生善治が、驚異的に白星を重ねていき、ついには七大タイトルを同時に制覇。現実離れした羽生の活躍は、広く社会的な関心事となった。

 たとえば藤井ブームの現在。羽生ブームの90年代。羽生が中学生棋士として登場し、革命をもたらしつつあった80年代後半。それぞれの時代に、将棋界が社会に対して、どう伝えらていたかを、詳細に比較してみれば面白いだろう。

 ともかくも、はっきり違うのは・・・。と、ここからくだけた話になるが、棋士が対局時に何を食べたかについて、ここまでフィーチャーされることがあったか、という点だろう。

 中学生棋士だった羽生少年や、七冠を達成する過程の羽生青年が、いったい何を食べていたか、というのは、すぐに思い出せる人は、ほとんどいないだろう。当時はそれほど、食事に関する情報が、いまほど詳細かつ執拗(?)に伝えられていたわけではない。

 現在の藤井四段に関しては、その連勝中、対局中に注文する食事は「勝負めし」などと称されて、マスコミが大々的に報道し続けている。過去のデータは詳細にまとめられ、ファンや関係者が、熱心に予想し、批評する。文字通り、隔世の感は否めない。

 今年5月25日。千駄ヶ谷の東京・将棋会館で、近藤誠也五段と藤井聡太四段が対戦する、竜王戦6組決勝がおこなわれた。藤井はこのときまで18連勝。デビュー以来続く、公式戦連勝記録の更新もかかっていた。

 竜王戦決勝トーナメントは、午前10時に開始され、持ち時間は5時間。終局時刻は、おおよそ20時前後のことが多い。こうした長い対局の場合には、規定上、昼食休憩と夕食休憩が設けられている。

 対局中の棋士は、近隣の飲食店から出前を注文することができる。以前であれば、将棋会館の外に食事に出かけることもできた。しかし、コンピュータ将棋ソフトを利用しての不正を防止するため、2016年からは、外出が禁止されるようになった。その経緯については、まだ記憶に新しい。

 出前は、棋士が職員に注文を告げて、その代金を支払う。将棋会館での出前は基本的に自腹だ。ちなみに一方で、タイトル戦では、主催者側が経費を持つ。

 インターネットの映像生中継では、藤井が出前を注文し、財布を取り出すところまで映される。藤井の財布は、マジックテープがついていて、開ける時に「パリパリパリ」と音のするウォレットタイプ。いかにもまだ、中学3年生らしい。とはいえ既にこの少年は、デビュー1年目で、並の大人よりも稼ぎそうだ。この日も対局料の他に、もし勝てば、竜王戦6組優勝賞金の90万円を獲得できる。

 昼食休憩は、12時から12時40分まで。近藤五段-藤井四段戦の昼食の注文は、近藤五段が冷やし中華の大盛。注文先は「ほそ島や」というお蕎麦屋さんで、棋士や関係者にとっては、なじみの深い店である。下の写真は、大盛ではないが、後日撮影した、ほそ島やの冷やし中華。

 一方の藤井四段は、五目焼きそば。注文先は「紫金飯店」という中華料理店で、圧倒的なボリュームで知られる。お店の人が岡持ちを持って将棋会館に現れると、その姿まで撮影される。

 たとえばスポーツ紙の「スポーツ報知」が伝えるニュースの見出しは、

>14歳藤井四段、デビュー19連勝への勝負メシは「五目やきそば」

 インターネットテレビ局の「AbemaTV」では、ニュース番組で、タレントの紗倉まなさんが同じものを食べて、

「まいうです!」

 と食レポをする。古くからの将棋界の住人は、そうした光景を観るにつけ、改めて、隔世の感を覚えるだろう。

「何を食べたかなんて、別にどうでもいいじゃないか」

 そんな声も、まだ耳にすることもある。報道する側が食い気味に、

「どうです、面白いでしょう!」

 という姿勢を全面に出して、やり過ぎているのを目の当たりにすると、どうにもしらけてしまう、という人も中にはいるかもしれない。それはそれとして、できる限りの情報を、ファンにあれこれ推測してもらう素材として提供するのが、現在の将棋ネット中継の、基本的なスタイルだ。

 夕食休憩は、18時から18時40分まで。夕食の注文は、近藤五段はみろく庵のつけとろろそば。一方の藤井四段は、ほそ島やのチャーシューメンだった。前出の「スポーツ報知」は、この時のニュースの見出しは、

>14歳藤井四段、夕食勝負メシはチャーシューメン

 報道陣が集まっている将棋会館2階の部屋では、両者のメニューが報道陣の前に置かれて、撮影会がおこなわれた。

 つけとろろそばとチャーシューメンに、何台ものテレビカメラが向けられている光景を見て、将棋連盟関係者が、

「シュールな光景ですね」

 と苦笑していた。

 ところで、鋭い方ならばすぐにお気づきかと思うが、近藤、藤井の両者は、昼、夜ともに、麺類だった。出前で好きな麺類を頼むのは、タイミングを間違えば伸びてしまうというリスクもともなう。そうした事情はもちろん考慮した上での選択である。

 筆者はこの後、実際にほそ島やに行って、藤井と同じチャーシューメンを注文をしようとした。ほそ島やの中華そば(ラーメン)は隠れた人気メニューであり、関係者の間には、ファンも多い。筆者も何度となく、出前で取ったこともある。このときは店で注文して、ゆっくりと写真を撮ろうと思ったのだった。しかし、その考えは甘かった。

「ごめんなさい! もうスープが切れて売り切れなんです!」

 お店の方からそう言われて、愕然とした。聞けば夕方、チャーシューメンの注文が殺到したという。

 電話で注文していたのは、藤井ファンや、撮影を目的としたマスコミだと思われる。ここにもまた、藤井聡太ブームの一端が及んでいる。そもそもほそ島やは、蕎麦の店なので、ラーメン(中華そば)のスープは、それほど用意されていない。だから、時には、スープが切れることもある。とはいえ、棋士の誰かが注文したからといって、あっという間に品切れになるとは・・・。筆者もほそ島やに十数年通っているが、そんな経験は一度もない。その時たまたま、同席させてもらっていた鈴木大介九段は、

「私の冷やし中華は大丈夫でしょうか?」

 と苦笑していた。そちらは問題なくオーダーが通っていた。

 対局の方はその日の夜、藤井四段が勝利を収めた。竜王戦6組優勝と、公式戦19連勝を達成。そうして藤井ブームは続いていく。

 対局から4日後の夕方。筆者はリベンジで、ほそ島やを訪れた。もちろん、チャーシューメンを注文するためである。しかし店頭で目にしたのは・・・。

「ラーメン終りました」の張り紙だった。店の方に話を聞いてみると、ここしばらくの間は、ラーメン(中華そば)は昼すぐに終わってしまうのだという。藤井ブーム、恐れ入りました、というところだろう。

 それから約一か月後の、6月26日。この日は竜王戦決勝トーナメント、増田康宏四段-藤井聡太四段戦がおこなわれた。藤井四段の昼食の注文は、みろく庵の豚キムチうどん。情報が伝えられるやいなや、やはりあっという間に、売り切れである。みろく庵の店主が、電話で出前の注文を受けるところや、将棋会館に届けるところもまた、テレビで大きく報道されていた。

 みろく庵はこの日、マスコミ関係者であふれていたという。そうした事情は、もう予想できる。そこで筆者は、周回遅れでほそ島やに行った。この日は運よく、チャーシューメンを頼むことができた。

 ああ、これだこれだ。なじみ深い、ほそ島やの味である。すっきりした、鶏がらのだしがよく効いたスープは、やはり熱いうちにいただきたい。柔らかく厚めのチャーシューが何枚も乗ってみると、藤井ブームとあいまって、昔からよく頼んでいたラーメン(中華そば)が、なんだかとてつもなくありがたいものに思われてくるから、不思議だ。

 この日の同行者は、紬(つむぎ)記者だった。と言っても、最近の将棋ファンにはもう、なじみのない名前かもしれない。引退した女流棋士の藤田麻衣子さんといえば、おわかりだろうか。藤田さんは「どうぶつしょうぎ」のデザインを担当するなど、女流棋士の枠を超えて、活動してきた。2003年に、名人戦棋譜速報で順位戦の全局中継を始めた際、藤田さんにはずいぶんと助けてもらった。

 今から振り返ってみれば、2003年はまだ、ネット中継の黎明期である。

「スポーツ紙みたいな、品のないことはしないでくれよ」
「新聞の観戦記に書くことがなくなるから、何もかも書くのは控えてほしい」

 一部の関係者からは、そう真顔で言われたこともある。しばらくは、試行錯誤が続いた。

 棋譜は後世に残る。しかし、棋士が何を食べたかは、記者が伝えなければ、残らない。日常的な対局の中で、食事の情報をどう伝えるか、という点についても、試行錯誤だった。別に、誰から頼まれたわけでもない。私たちは、ただ面白いだろうからと思って、それを伝え続けた。撮影でライティングにこだわるあまり、トイレの鏡の前での撮影を試していて、入ってきた人に、ぎょっとされたりしたものだ。

「私たちの頃は・・・」

 という思い出は尽きない。現在の「将棋めし」、あるいは「勝負めし」ブームに、いささかなりとも貢献してきたのではないか、という自負もある。ただし、それを言い過ぎると、古参の野暮な昔話になるかもしれない。今も、これから先も、ほどほどにしておきたい。

 それよりも強調したいのは、そうした盤外の情報を面白がって、話題にし続けた「観る将棋ファン」の存在である。善意と好奇心あふれる、観る将棋ファンの強力な後押しに、将棋のネット中継は支えられてきた。観る将棋ファンのたゆまぬ開拓の精神によって、新たな視点が用意され、将棋界の間口は大きく広げられた。

「駒の動かし方がわからなくても、全然大丈夫です!」

 そうした先人のファンの声にはげまされて、将棋界に魅せられ、新たにファンになった人も多いはずだ。

 天才・藤井聡太の登場によって、現在の爆発的な将棋ブームは起こった。そして、ブームの下地を整える役割の多くを担ってきたのは、名もなき多くの、観る将棋ファンではなかったか。一人の記者として、そうした人たちに、今こそ改めて、感謝をしたい。

松本博文記者が、藤井四段について書いた記事(およびラジオ)一覧です↓

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
棋士とメシ

松本博文

あの大一番を支えた食は何だったのか―― 現在における将棋対局のネット中継の基礎をつくり、食事の中継の提案も行った松本博文氏がつづる、勝負師メシのエピソード。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Goranshin2015 みろく庵に行ったら貸し切りで残念だったのだけど、あれも藤井効果なんだろうか。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

justin999_ という新しいエンタメを作ったよな 5ヶ月前 replyretweetfavorite

Nebbiolo1974 mtmt氏らしい丁寧なテキスト。カメラの砲列の写真はインパクトある。あと出前を撮るカメラw 5ヶ月前 replyretweetfavorite

seed15123791 松本博文 @mtmtlife | 冒頭の写真は「藤井」という時代の幕開けを語られるとき、必ず使用されるであろう1枚。 そして、「羽生以後藤井以前」において観る将の果たした役割の大きさに、先人の偉業に感謝。 5ヶ月前 replyretweetfavorite