誰にでも「苦手」はある—とはいえ、全員が「特別扱い」は難しい

7月7日に発売されたコミックエッセイ『うちの子は字が書けない』を読んで感動したという、育児真っ最中のはるな檸檬さんと千葉リョウコさんの対談、第3回目です。

程度の差はあれど、誰にでも「苦手なこと」はある。
全員が「特別扱い」できればいいと言うけれど、現実は……?

第3回 誰にでも「苦手」はある

2歳で「ラーメン」「カレー」が読めていたのに…!!

—檸檬さんのお子さんは、2歳だと読み書きはまだ…ですよね?

檸檬 読むのもまだです。なので、うちの子がどう…っていうのはないんですけど、読んでいて「全然ありうるな」と思いました。

千葉 フユが2歳ぐらいのときに、券売機に「ラーメン」「カレー」「そば」…とかって書いてあるのを見て「ラーメン」と「カレー」を読んだ…ということがあったんですよ!

檸檬 2歳で? すごい~!!

千葉 作中でも描きましたが、食べ物にすごい執着があって(笑)絵本も大好きだったので、字が読めるとかじゃなくて形で覚えてたのかなって。本当にラーメンとカレーしか覚えてなかったと思うんですけどね。

檸檬 絵本が好きで、字を判別できて、そこから読み書き障害って予想もしないですよね!

千葉 そのときは、「こんなちっちゃいのにラーメンとカレーが読めるなんてこの子天才かも!?」って思いました。図鑑も隅から隅まで読んでたし、花を摘んではこれはこの花って図鑑で調べたりしていたので、本当にまさかっていう感じで…。もし読めないんだったらもっと早くわかっていたかもしれないんですけど、重症度がそんなに高くなかったので。


第2話「全く書けないわけじゃないけれど」より/図鑑を隅々まで読んで覚えていた就学前のフユくん

檸檬 インプットはいいけど、アウトプットができないってことなんですか? 再現できないというか…。

千葉 仕組みはよくわからないんですけど、本当は読みもそんなに得意ではなくて、漢字なんかも前後の文脈で読んじゃうみたいなんです。語尾を飛ばして読んだり、読み間違えたりもするんですけど、そのくらいは誰にでもあるじゃないですか。思い込みだったり、自分がそのほうが読みやすいからとか。なので、全然気づかなかったです。いや~びっくりしました。

檸檬 名前がついて、「こういう障害です」って確定するってすっごい大きいことじゃないですか。腑に落ちる、わかるってこともあるし、名前がついていいこともあると思うんですけど、逆に、あらゆる人に障害といえるものってあると思うんです。

千葉 程度の差はあれど、苦手がないひとなんていませんよね!

檸檬 私はほんっと歴史がダメなんですよ。何を聞いても「もう死んでんじゃん!」って思っちゃって…。興味がなさすぎて、いくら覚えようとしても全然入ってこないんです。興味あるなしもサボってるとかじゃなくて、努力してもできなくて。それはいろんなひとにあらゆる方向であるんじゃないのかなあって。


第13話「フユの葛藤と将来のこと」より/努力が足りないと言われるフユくん

千葉 わかります。最近、なんでも発達障害って言い過ぎだなって思うところもあるんです。いちばん下のアキも学校でじっと座ってるのが嫌だったり、みんなと同じことをしたくなかったり…苦手な部分があって。
 真ん中のナツも絵を描くことが大好きで、絵は5時間、6時間ずっと描いてるんですけど、部屋の片づけできないですし、順序立てて複数のことをやるのが苦手なんです。寝る前に「歯を磨いて、(ぜんそくの)薬を飲んで吸入して、部屋を片づけてから寝なさいね」って4つやることを言うと、最初の1つしかできないんですよ。歯磨きだけして「おやすみ!」って寝ようとする。
 でも、だからといって生活に支障があるかというとそうでもない…歴史だってそうですよね。

檸檬 全然ない!歴史マンガ一生描かないし!(笑)
 ほんとに、みんなにそういう苦手なことはあると思うんですけど…名前がついた途端、お互いがなんか理解できるというか、納得して、支えたりできるじゃないですか。名前がない間はぼんやりとして、どう対応したらいいのかまわりもわからないまま、なんだろこれって不満だけがつのったりしちゃうんですけど。だから名前がついてよかったな、と思います。だけど逆に言うと、みんなに不得意なことがあるんだから、みんなが同じことできると思うこと自体が間違いじゃないのかな、と。

千葉 ふつうってなんだよ、って話になりますよね。

檸檬 みんなが40点以下とっちゃダメとかって、そんなの全員違うのに…知らんがな!って。学校ってすごく不自然な場所ですよね。

千葉 それそれ! 40点以下は赤点って言われても…!! こっちは88点取れてるのに、ひとつ赤点があったらもうダメなの? 留年しちゃうの? 平均してよ!って思ったりするんですけど……



第13話「フユの葛藤と将来のこと」より/障害だとわかってほっとするフユくん

「全員が特別扱いを受けるべき」とはいえ……

—単行本収録の宇野先生と千葉さんの対談でも、宇野先生が「全員が特別扱いを受けるべき」とおっしゃっていましたね。ひとりひとりが特別扱いを受けるべきで、一律に判断するのは無理がある、と。

千葉 メガネと同じなんですよね。目の悪いひとは、メガネという文明の利器があるから、みんなと同じように授業を受けられているけど、もしなかったら、同じようにはいかないですよね。
 前に、専門機関の先生が冗談のように言ってたんですけど、「何年か後には、口頭で答えたいひとこっち~!書いて答えたいひとこっち~!って分けて試験ができたらいいのにね」って。きっと書くのが苦手かどうか聞いたら、けっこう集まると思いますよ、って。

檸檬 これからどんどん変わってくるんじゃないでしょうか。

千葉 実際、もう外国では口頭の試験が導入されているところもあるそうです。

檸檬 知識ってもうメリットにならないですもんね。携帯やパソコンですぐ調べられるし。応用のほうが大切ですよね。学校が何を見たいのかというのと、本来は文字を書けるという運動能力を見たいわけじゃなくて、勉強してきたことを理解できているか…ですし。きっと今は単純にそれをやるには手が足りないんでしょうけどね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
はるな檸檬×千葉リョウコ『うちの子は字が書けない』出版記念対談

はるな檸檬 /千葉リョウコ

2歳の息子さんの育児真っ最中! 「BABY!」で「子育てデレデレ日記」を連載しているはるな檸檬さんが『うちの子は字が書けない~発達性読み書き障害の息子がいます~』(千葉リョウコ)を読んで感涙…!  千葉リョウコさんと、子育てや母の愛、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

chibaryoko はるな檸檬さんとの対談、3回目更新です(^o^) 2年以上前 replyretweetfavorite