ブス図鑑

つまり、ブスというのは容貌が悪いのではない。「難解」なのだ

ブスは、あらゆる角度から見ることができ、様々な顔を見せてくれる不思議なもの…。
ブス図鑑を更新するたびに、あらたなブスの発見があります。
本日は「アート系ブス」という、意識高そうでそうでもない扉を開きます。

いま全く評価されていないブスも、死後にワンチャン

担当から貰った、ブス図鑑のネタ出しメモに「アート系ブス」というのがあり、その下に「ピカソ系ブス」と書かれていた。ちなみに、その次は「ダリ系ブス」だ。

もはや作家のチョイスからして悪意しか感じない。
しかし、よく考えたらブスというのは「アート」なのかもしれない。美人というのは、写実的な風景画みたいなもので、大体の人間が見て「美しい」と判断できる。
逆に、ピカソなどは今でこそ評価されているものの、その絵を全くの初見で「素晴らしい」と言う人間はそんなにいないだろうし、人によっては「ふざけているのか」と怒りだすかもしれない。

ブスに対して「ふざけているのか」と言っても、本人は至って真面目にブスであり、ピカソの絵もマジに描かれているし、アートなのだ。
つまり、ブスというのは容貌が悪いのではない。「難解」なのだ。
理解するには、時間とセンスが必要なのである。よって、理解するのが簡単な美人よりもレベルが高いのである。

もちろん、わからない奴には一生わからないし、評価されるには時間がかかる。しかし、死後に評価された画家もいるのだから、いま全く評価されていないブスも、死後にワンチャンである。
なので今後、ブスが好きな男は「ブス専」などと言わず、「アートに関心がある」と言った方がいいだろう。

カレー沢薫のナンパ経験とは……

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、ブス必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

natsunohinogogo 記事タイトルに美しさすらある。 → 2年以上前 replyretweetfavorite

gcyn 『しかし、よく考えたらブスというのは「アート」なのかもしれない。美人というのは、写実的な風景画みたいなもの』『 2年以上前 replyretweetfavorite

1031mkoz 「今まで男に興味を持たれたことがない、下心を持って近づかれたことがないという経験は、ここまで知能指数と判断力を下げてしまうのである」 これはブスに限らず、全人類が、いや全生物が覚えておくべきライフハックではなかろうか。 https://t.co/GI0G08rvUr 2年以上前 replyretweetfavorite

hamakihito 男も美人局に引っかかるのは非モテだからなあ。 "モテたことがない、という経験も、同じぐらい人の防犯意識を下げる" 2年以上前 replyretweetfavorite