第14回】宗教を超えて心のケア 東北発祥の臨床宗教師

東北地方で20年近く在宅緩和ケアとみとりに取り組んだ岡部健という医師がいた。岡部は2010年にがんで余命を宣告された後、東日本大震災を経験。12年9月に63歳で生涯を閉じるまでの人生を、生死の苦悩や悲嘆を抱える被災者や患者の心のケアに当たる専門の宗教者「臨床宗教師」の実現にささげた。

 東北地方で20年近く在宅緩和ケアとみとりに取り組んだ岡部健という医師がいた。岡部は2010年にがんで余命を宣告された後、東日本大震災を経験。12年9月に63歳で生涯を閉じるまでの人生を、生死の苦悩や悲嘆を抱える被災者や患者の心のケアに当たる専門の宗教者「臨床宗教師」の実現にささげた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
どう生きますか 逝きますか 死生学のススメ

週刊ダイヤモンド

親の介護から、墓・葬式選び、終末期医療まで、さまざまなステージの「死」とどう向き合うのか。生死の体験は働き方にとってどんな意味を持つのか。哲学から宗教、医学、そして科学まで、さまざまなアプローチで死と生を学ぶ死生学入門をお届けする。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません